*政治的な内容を含みます。ご注意を

5.02.2016

プロまでいく子

すでにプロ転向している大西賢 選手(1996年生)の、たぶん中学生ごろの練習マッチ風景を見つけました。
ビデオ1~5まで上がっていて、対コーチ3人抜きをさっくり決めています。




ノアというと、関西方面では大手だし、JOPランカーのコーチだってきっといると思いますが、なんにせよとんでもないですね。こういう子がプロまでいくんだなあ。
別の練習動画の様子でもいろいろ見られますが、こんなのみてると、われわれ素人のラケットがどうの、ガットがどうの言ってるのが、いかにピント外れなのかがわかりますね。



ラケットの話しはもういいとして、この大西選手も国内ジュニアでは敵無しで、将来を期待されてきたそうですが、この先いったいどこまで行けるんでしょうかね。あえて意地悪な見方をすれば、ジュニア大会というのは当然みんな1才づつ年齢を重ねるので、実はずっとおなじメンバーで競争し続けている仕組みなわけで(それでも十分大変なことなんですが)、いざプロ転向して、海外に出て無差別級の戦いがはじまると、当たり前ですがそう簡単に勝つことはできません。ちょうどベイビーステップでも今その辺をやってます。

日本のプロ選手といっても、錦織以外なら、ダニエル、西岡くらいがどこまで行けるかという感じで、ほとんどレッスンプロで終わっていくのが実情ですから、想像絶する厳しい世界です。

最近では子どものうちから海外の大会や留学を経験させる傾向にある見たいですけど、かといってそれもどうなんですかね。平日の全日練習会とか子供ら集めての試合合宿とかね。いろんな理由つけても、結局親がそうさせたいだけの話であって、でも本当にそういう世界を目指すなら、親の意思なしに子供の自由だけでたどり着けるわけがありませんし。お金の面もふくめてあまりに遠い世界の話しなので、想像もつきませんが。




名無しさん@エースをねらえ!:2016/04/25(月) 14:06
■ 2016年 4月25日付けATPランキング

103 西岡良仁 20歳
461 越智 真 19歳
464 サンティラン晶 18歳
471 内田海智 21歳
701 綿貫陽介 18歳
782 斉藤貴史 21歳
885 田沼諒太 20歳
950 今井慎太郎 22歳
970 山崎純平 18歳
1105T 大西 賢 20歳
1122T 徳田廉大 18歳
1134 守谷総一郎 21歳
1167T 高橋悠介 18歳
1200T 小林雅哉 18歳
1309 後藤翔太郎 21歳
1669T 河内一真 21歳
1981T 山田健人 17歳
2182T 福田創楽 18歳