*政治的な内容を含みます。ご注意を

9.30.2007

(fin)Perfect gundam


パーフェクトガンダム 完成。
永かった。幅ましとか切り詰めとか、今までやったことなかったことに挑戦しました。あと筆塗り(ほんの細かいところだけ)も初めての試みでした。
センチネル風っていうコンセプトは、ようはFAZZを当初からイメージしてMGの箱絵を店で何度も確認したんですが、結構違う色になってしまいました。内訳は

  • 機体色:カルグレー・・・濃い過ぎた
  • 装甲色:レーシングホワイト・・・もっと白くてよかった
  • 装甲色2:バイオレットブルー・・・思ったより紫が強い
    まあこれはこれで。

    だいぶあちこちいじったんですが、過去の余りパーツを効果的に再利用できたことがよかったです。
  • あたま:SDゴッドガンダム
  • 腰:SDウィングゼロ
  • うで:HGインパルス
  • こぶし:GFFのあまり
  • アームガン:SDインパルスのたて

    動力チューブはもちろん狂四郎オマージュですw ハリガネ入りなんで動きはするんですが、チューブのゴムが強いので、結局写真の状態でほぼ固定です。

    次回作はいろいろありすぎて悩みますが、正直言うとHGとかも作ってみたい・・・

  • 9.27.2007

    Perfect gundam(80%)


    あたまは前後で幅まし加工。武者ウィングのときパテの表面処理がうまくできなかったけど、今回はそれなりに隠せる様になりました。粗め(300番くらい)の紙やすりでがりがりしては、スプレー吹いての繰り返し。たぶんセオリーとは程遠いと思うのですが、試行錯誤しながらでも以前できなかったことができるようになるのはうれしいものです。

    とさかの部分はてをぬいてしまった・・・というか:力尽きました。

    9.22.2007

    Perfect gundam(75%)



    靖国のころから始めたんで1ヶ月かかってますね。あいまにアッガイは仕上げたけど。
    最後、頭部の工作が残っています。
    それにしても今回、まあいつもですが塗装の失敗が重なりました。。。

    あともう一週間くらいかな。







    次回作、かどうかは決めていないけど、絶対作りたい獲物です。好きな機体というのは腕を磨いてからトライしたいんで、どうしても後回しになりますね。そーいうのが結構つみあがってます。

    スクラッチなんてまだまだやれそうないんで、中古GFF(写真のとは別)流用していくつもりですが、高くつきそうです。



    9.17.2007

    (fin)AGGUY, going attach JABRO!



    アッガイ完成。

    ほとんどスグミ、肉抜き埋めもしてません
    目玉まわりを若干ディテルアップ。むしろシルバーでいくべきでしたかも。

    やっつけたつもりはないんですが、塗装が非常に雑です

    近所の小川には、コイ、金魚、亀、カニ、アメンボ、クモ、ちっこいさかななんかがたくさんいて、非常になごみます。
    自然の川じゃなくて、人工的に整備されたものだから、市が管理してくれてるんでしょうか。「さかな取らないで」って看板が目立つのが残念です。

    AGGUY images (on flickr)
    http://www.flickr.com/photos/5thluna/tags/agguy/







    近所ののらねこ

    9.09.2007

    (start)AGGUY & GOGG & ZOGG



    完成しないうちからあれこれ同時進行、というのはなるべくしたくないのだけど。家庭の事情でアッガイの納品を急ぐことになりました。









    パガンは現在サフ段階までたどり着きました。やけに時間がかかると思ったら、いつもよりずいぶんパーツ数が多かったようです。そういえばハコも大きかったし値段も倍くらいはしてましたから。急ぐ必要も無いので丁寧に進めていくのみです。


    9.04.2007

    Perfect gundam(60%)


    2週間経過。
    出来ることの幅が少しずつ広がってくると、その分工程が増えるので、時間がかかりますね。塗装までにまだディテールアレンジしたいんで、全部終わるには最低あと2週間は必要の見込みです。

    どうするか分からないけど、前腕が長いのと、足の付け根の幅が広すぎるのが気になるところ。
    頭はツノ以外まるごとゴッドガンダムのと置き換えています。flickrの方ではなるべく英語で紹介したいんですが、たしか向こうではGODすなわち唯一神(イエスでありヤハウェ)を意味するゆえに、畏れ多いってことで、何とかガンダムに差し替えて放映されたとかなんで、なんて紹介すればよいのやら。












    「ここが動力源ですから」とでも言わんばかりのむき出しタンクは、果たして軍事兵器のデザインとして適切なのかは、はなはだ疑問だけど、とりあえず燃えには欠かせないアイテムということで。まあHi-ニューガンダムやシャアの再来のヒトの時代にも正々堂々露出されてるくらいだから、リスクメリットはあるんだろうという解釈で。