*政治的な内容を含みます。ご注意を

12.27.2009

MSZ-008 Z II(53%)

MSZ-008 Z II(53%)
MSZ-008 Z II(53%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
年末年始は帰省するんで、今年最後のポストかもしれません。
HGリゼルを待つ手もあったんだけど、これはこれでありじゃないかと、けっこう気に入ってきてます。脚が派手なのは好みが分かれるところでしょね。
あとキャノンと背中は何とかなるけど、頭部はどうしようかなあ。けっこうゼータの顔はよくできてるから、そのままでも使えそうだけど、それだと少し寂しいし。ゼータプラスとかリガジ改とか置いてみようかなあ。。


めずらしく今回のHJは購入しました。なんといっても、MGV→V2の改造は、どなたかやってくれないかなーと思ってたんだけど、こんなに早く見れるとは思わなかった。SD Vもいずれやりたいし、F90とか、サナリィ好きとしてはかなりツボです。(シャクティとカルルくんのフィギュアもよかった!)

オラザクは、これもっと見たいなーってのが、1次作品のなかにもいっぱいあって、もったいないというかお気の毒というか、それだけ厳しい戦いなのか。。きっと、fgみたいなユーザ投票型とか、オクの落札額(いくらで売れるか)みたいな基準なら、様子も変わってくるんかもしれないんですかねー。
(出版されてるもんだから、差し障りないとおもうんだけど、)僕的には、「H.C.Mパーフェクトガンダム」がもっと見たい。京四郎の最後の機体ですね。SDでやってみたいな。「ララァ専用サザビー」もいい!SDはシナンジュがすばらしいですねー。

では良いお年を!

12.15.2009

works in 2009

今年を振り返って。
個人的には良い年でした。長男は毎日喜びをくれます。仕事では、インフラ、とくにネットワーク業務に重心が移り、新しい知識と経験を得ることができました。(といっても、まだまだなんちゃってエンジニア未満の存在ですが。)プラモはと言えば、ペースは落ちながらも、出来ることの幅は広がってきているんじゃないかと思ってます。(塗装嫌い病が本格的になってきたけど。。)

さてこの国のゆくえはといえば、まさに混迷の極みです。(あ、ここは政治ブログ+若干の趣味プラモブログなんで。)
民主党って、現代人に微笑みをもたらしてくれる、プロフェッショナル・エンターテイナー集団だとばっかり思ってたんですが、まさかほんとに政権を託されることになるとは驚きでした。いったいどこの世界に、「いっぺんやらせてみたら」的なノリで政権選択するような、無責任な「自称無党派層(笑)」どもに国家運営が左右されるような国があるんだろう。(あどこかのチェンジマンも似たようなもんか。とはいえあの国は共和-民主で国家を作ってきた実績があるからね。旧社会党とはいっしょにならんわ。)
この4年間、民主主義の重みをみなで思い知りましょう。



ああ訪れてくれる人が減っちゃうんだろうなと思いつつ、大きめ画像で1年振り返ってみます。リンククリックで、他写真とか制作工程がでますよ。(といっても一度載せた写真だけど。)

4月完成 ガルル中尉(エゥーゴ隊)
GARURU

初のケロプラでした。これお気に入りです。


5月完成 SD V2ガンダム
V2GUNDAM Ver.K[e]

これは苦労したなあ。当時は最高傑作のつもりだったんだけど、やはり今見るといろいろと。。
ブログはコメントもらえることとか想定してないので、あのti0719さんからコメントをいただけて、びっくりしました。



5月完成 ドロロ頭領(エゥーゴ隊)
DORORO

何気に手は加えています



6月完成 ケロンメカ 乗ってけケロロ小隊!
KERORO & KLM-01 / KULULU & Spider EX

リペイントです。なんでかしらないけど、yahoo.com経由で大量にアクセスがありました。ぼくの(苦労した)全作品のなかで、閲覧数トップ10に入っているという少し複雑な心境。



8月完成 ミニ四駆 プロトエンペラーZX(ズィークロス)
PROTO-EMPEROR ZX

ミニ四駆は思い入れがありますねー。じつは他にも結構ストックがあります。



9月完成 SD バトロイド・バルキリー VF-1S
VALKYRIE VF-1S

ガンダム以外もやってみよかなという試み。最終的に形になってよかった。キット入手済みなんで、もういっかいやる予定です。
後ろに見えてるのはバンプレストのトイです。


8月開始(塗装前) SD ガンダム・エピオン
OZ-13MS GUNDAM EPYON(56%)

塗装やる気モードロストしました。製作記などはその時に。



11月開始(工作中) SD Z II
MSZ-008 Z II(40%)

正解はゼッツーでした。ストライク・ゼータとか、藤田版ゼータも興味あったんですが、どうしてもすでに出てる素晴らしい作例の印象に引きづられそうなんで、別で考えてたゼッツーに挑戦することにしました。写真よりは脚を短くしています。あと必要な作業は、前腕の短縮化と、(意外な使い道が見つかった)リガズィ飛行ユニットが、ゼッツーのデザインとは沿わない、曲線主体なので、それをプラ板工作でカクカクに変えてみます。それで青く塗ってしまえば、不思議とゼッツーに見えるはず(笑)。忠実度にはまったく興味はなくて、オリジナル要素をくわえつつ、最終的にカッコいいものを目指します。アイタタタ。。とみえたら失敗ですw

12.10.2009

NEXT STAGE!

NEXT STAGE!
NEXT STAGE!,
orginalmente cargado por 5thLuna.
気がつけばルミナリエの時期かー。一年はやいなあ。
最近あちこち出かけることが多くて、あまりまとまった作業時間がない状態なんですが、それでもこつこつ進めてたものが、ようやく見え始めたので、ここらで公開します。

何をつくってるかは、まあノリでわかってもらえる人だけわかってもらえたらいいかなと。。スキルは追いつかづとも、プラモ指数(スピリッツ)だけは高めでいきたいです(笑)
写真はすでに1ヶ月ほど前のもので、今はもう少し進んでます。といっても関節中心だから、見た目の代わり映えはしないかも。週末には最新の写真を上げれると思います。

エピオンですが、かわいそうなほどほったらかしです。まあミニ四駆とかケロプラとか作ってるうちに、「いまだ!」みたいなタイミングがくると思うので、そのときまで、色わけでも考えときます。

11.27.2009

NEXT STAGE!

NEXT STAGE!
NEXT STAGE!,
orginalmente cargado por 5thLuna.
塗装にくると一気にやる気がなくなる。フェーズシフトダウン状態ってことでかざっとこうかな。そういやハンマハンマもあったようなw

ある方のサイトを拝見してると、どんだけ手を加えても、塗装がアレだとだいなしってことを言っておられたけど、まったく同意見です。そうなんですよ。

そういうわけで、すでに次のをサクサク刻んでいる状況です。
WIP(作業進捗)は、plamo.outthere.info の模型フォーラムで公開しています。

先日紹介したfichtenfoo.com とならんで、海外モデラーには有名なサイトです。他ではnetmorks.org も有名どころで、ダブルポストしてる人も多いです。(ただ後者はインドネシア語?かマレーシア語?だかの比率が高いみたい。もちろん英語で十分okなんだけど。)

plamo.outthere.info からかっこえー作品を紹介します


izakku81さんの1/100ダブルオー(MGとは書いてないみたいだけど、詳しくはわかりません)。直接やりとりしたことはないので、どこの方か知りませんが、マスオ・クオリティかっこよすぎです



squeeくんのSD百式。いいバランスですねー。

うーん今週末の塗装はないなあ。。。


11.21.2009

OZ-13MS GUNDAM EPYON(68%)

OZ-13MS GUNDAM EPYON(68%)
OZ-13MS GUNDAM EPYON(68%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
もういっかいシャンプーで洗い流したら、いよいよ塗装です。
いつもよりはきれいな面が出てるように思うけど、油断せずにいこう。

顔周りとか、微妙にズレが見えるのは、両面テープでの仮止めだからで、塗装後に接着します。今回ヘルメットと肩は、後はめ加工しています。
いつもなら、色はとっくに決まってるんだけど、今回はまだ決めかねてます。ある程度は考えてるんだけど。そういえば武器のことわすれてた。。

11月末完成といったところですかね。

11.20.2009

RGZ-91 Re-GZ

RGZ-91 Re-GZ
RGZ-91 Re-GZ,
orginalmente cargado por 5thLuna.
ヤバイ。リガジィヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。

リガジィヤバイ。

まず弱い。もう弱いなんてもんじゃない。超弱い。

弱いとかっても

「ネモ20機ぶんくらい?」

とか、もう、そういうレベルじゃない。(ry


ずーーとほしくて、2000円超えは高いなとおもいつつ、買ってしまった。飛行ユニットぬきで安くしてくれたらいいのに。自分は旧キットとか、ライトクラスのHGしか買わないんで、ボリュームキットはなかなか腰が引けるんですよ。。

SDもいずれやりたいですが、今回はこのまま作るつもりです。
自分はニューガンダムよりはリガズィが好きなんです。リガズィも設定色で損してるクチじゃないかな。以前模型誌に出てた作例の、ロービジ風カラーを参考にしようと思ってます。あれはかっこよかった。

せっかく作る以上、素組よりは何か手を加えたいんだけど、下手なことすると完成しないからな。。じつは、初SD以外ということで、1/100ビギナ・ゼラを手がけたんですが、これが調子に乗りすぎて、完全に行き詰まった経緯があるので。こういうのはまずいなあ。下のような状態で、半年くらい前だったかな。

エピオンは、サフチェック完了で塗装前ですが、連休は出かけるので完成はまだ先になります。その次のSDは、仮組とかして様子見してる段階です。まだないしょ。

XM-07G VIGNA ZIRAH(35%)


11.15.2009

OZ-13MS GUNDAM EPYON(60%)

OZ-13MS GUNDAM EPYON(60%)
OZ-13MS GUNDAM EPYON(60%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
羽の接続の目処がたちました。一回目のサフも終わって、浴室でシャンプー+ハブラシで洗浄して乾かしてるところです。(シャンプーっていいんだろうか。。とりあえず洗剤ありのほうが油分も落ちそうかなと。。)

とにかく毎度ながら、綺麗に丁寧に仕上げることだけが目下目標です。切ったり削ったり、そんなことよりか、とにかくひとつの立体物として、綺麗なものをつくれるようになりたい。どんなモデラーさんがすきかと言われれば、まず「完成させられる人」つぎに「丁寧さが伝わる人」につきます。

また作品紹介です。
ああ先にやられたよ。。タイのStrikeFreedomMくんの新作。Gコレ(1/400だったかな?)のミーティアをSDにドッキング。だれもが考えるし、実際いくつか作例もあったかと思うんだけど、ぼくも実はずっとやりたいとおもってるんですよ。かっこいいなあ。



StrikeFreedomMくんのflickrギャラリーはここ。

11.13.2009

Twitter社会論

Twitter社会論
Twitter社会論,
orginalmente cargado por 5thLuna.
タイムラインでちらほら見かけたんで、買ってみました。新書なんで安いしすぐ読めます。書評、というほどえらいことは言えないけど、いちおうぼくもウェブに携わってるんで、ちょっと感想を。

最後までとくに反論とかもなく、そうですね、といった感じかな。。正直言うと、「とくに新しいことは書かれてない」という印象です。
もう今は一線は越えちゃったのかもしれないけど、ついったーのユーザって、やっぱアーリーアダプターなイメージがあるんですよ。(どうも2007年~8年あたりの印象がいまだに残ってて。)エンジニアやらデザイナやらマーケッタが多くて、英語インタフェースも苦にせず、「次は何がくるんだ」みたいなパッションがみんなから感じられた。
「ついったー+社会論」で、どんな分析がなされるのかと、期待もあったんだけど、たぶん上記のようなユーザにとっては、ふーんていうくらいの内容じゃないかな。むしろ、「ブログならわかるけど、最近よく聞くついったーって何だ?」って人には、おもしろいかもしれない。というか、きっと面白いし、たぶん今すぐやってみたいと感じるとおもう。(社会論だからmajorityを前提にするのは正しいんだ。)

著作権やら政治やらビジネス利用とか、結局ここで言われてることは、SNSのときも、そのまえのブログのときも、しいてはインターネットのはじめから、ずっと言われ続けてきたことと同じなんですよね。まあ勝手な期待するほうが悪いのかもしれないけど。あとちょっとがっかりしたのが、tweetは「つぶやき」なんて日本語あてるのは的外れと思うんですよ。テレビの特集でいうならわかるけど。じゃあ何ていうのといわれれば困るけど、やっぱりひらがなで「ついったー」かなあ。。ブログは日記じゃなくてブログでしょ。
ついったーがきっかけで、こんなこともこんなこともあったって言うなら、それこそ2chのほうがいろんな意味ですごいエピソードがあるわけだし。「tsudaる」の説明も、多くの人にとってはそんなページ割くことでもないと思うし、とりわけ勝間氏との対談も、目的がよくわからん。編集社の販促作戦が妥当かな。いまさら「あの」勝間先生wがついったーしてるからって、使ってないほうがそりゃおかしいでしょ、「あの」レベルの人なんだから。これがもし、ざこば師匠だったら(ざこば師匠がついったーやってて対談するんなら)すごいことだと思うけど。

「おわりに」のところで、twitterの本質は神経系ってはなしがようやくでてるけど、こういうのを全面に分析してほしかったなあ。むかしビルゲイツの「思考経営のスピード」って本があって、あれの原題が「Digital nervous system」だったのをちょっと思い出した。

僕個人的におもうことは、
「ウェブ進化論」(2006)で、梅田氏が、ネットの「あちら側」(とこちら側)って表現を使ったけど、これがものすごくうまい表現だと印象に残ってるんですよ。つぎの「ウェブ人間論」での、「ネット上のぼくの分身がブログ」も、すごくよくわかる。ブログが基本的に1人称で、すきなことをやるあちら側のhomeとすると、SNSは他の人とのつながりが前提になった、サークルだといえると思う。Twitterは、それよりもずっとひろい、カフェテリアとか、広場とかオープンスペースであって、それこそ「あちら側」のみんなが集まる場所になっていくんじゃないかな。ついったーのタイムラインをひらけば、とりあえずみんなのだれかに会える、みたいな。
ただ本文にもすこしあるとおり、ついったーはあくまで1社のサービスなんで(具体的には、どこかにある特定サーバの中の話なんで、何台構成か知らんけど)、ここにすべてが乗っかるっていうのは、絶対よくないことだと思うんですよ。
僕は、それなりに楽しんでるし、注目もしてきたけど、つぶやきが世界を変える、とか企業風土をかえるとか、それはちょっとねーっていう感じです。。(「高校生の夢物語」って言ってるけど)。
ここでちょっと思い出したのが、先日読んだ「ウェブはバカと暇人のもの」(中川淳一郎 著)のこと。理想論にたいする現実論。テーマが違うし、比べるのもおかしいんだけどついでだから言っとくと、ウェブ評論としては、面白かったし僕には説得があった。(本のタイトルって、販促狙いで出版社がつけたりするから、このとおり受け取ることはない。)もう長いからここには書けないけど。

とここまで書いて、たいした自分の意見もないのに、面白くなかったとか面白かったとか、典型的な頭悪い文章なので、はずかしいしこの辺でやめときます。

11.11.2009

EPYON(rear wing #5)

EPYON(rear wing #5)
EPYON(rear wing #5),
orginalmente cargado por 5thLuna.
明日みなが出勤してくる前に、社内ネットワーク作業があるから朝早いのに、こんな時間(3時半)までやってます。いやー上手な人の作品を見ると、テンションがあがります。

羽はついに形になりました。ネジで稼動式です。まあビス止めまる見えなんだけど、”メタルパーツ”ですからってことにしとこ。あとは分解してスジ彫り入れるんだけど、肝心な、バックパックとの接続をどうするかまだ考えてないです。

一度は使ってみたかったせりふ・・・羽は「スクラッチしました」w
さあ最終的にうまくまとまるかなー

11.05.2009

file

file
file,
orginalmente cargado por 5thLuna.
"file"って、ヤスリのことです。まあ紙ヤスリなら、sanding paperでいいのかな。

エピオンは、そろそろ細部の修正に入ってるんで、全部分解して表面ヤスリがけしたり、エッジたてしたりしてます。とくに足首周りがやっつけ感満載だったんで、優先的に修正してます。面白い写真はないですが、細部興味ある方はflickr覗いてみてください。

ちょっと道具の紹介してみます。
写真は、どこかで見たわけじゃなくて、たぶん自分で思いついたんだと思う。たしか。。
紙ヤスリを何で支えるか、なんだけど、僕の場合、「蝶番(ちょうつがい・ドア、扉の回転軸に使う金属ね)」を使ってます。金属だからしっかりしてるし、持ち替えながら4面使えるし、重宝します。紙ヤスリとあわせてダイソーで見つかります。

11.02.2009

EPYON(rear wing #4)

EPYON(rear wing #4)
EPYON(rear wing #4),
orginalmente cargado por 5thLuna.
基本flickrなんで、ここらでブログにもポストしとこかと思ったら、もう11月かー。
今年からは生活が大きく変わって、模型も数は作れないと思うんで、一個一個の精度を上げていかないと。SD中心に、ニッチ路線で、「あんまり見ないけど、(エピオン)も実はなかなかかっこいいな」みたいに思ってもらえる作品を作っていきたいなあ。
羽は写真のとおりです。厚紙に下書きガイドにして、プラ板を切出し。まだ両面テープ止めだけど、補助翼の稼動はどうしようかな。ネジ使えんこともないけど、かっちり接着したほうがいいかも。根元はキット活かすから動くことやしね。
デザインに関しては、結構時間かけて考えたんだけど。。。
全工程のちょうど中ごろあたりと思います。


ちょっとたまには、リンク先の紹介。すごいのが出てきたんで。(わたしの作品じゃないですよ。
ぼくはプラモ始めるのがけっこう遅くて、ほぼこのブログと同じく2,3年くらいの話なんです。それで、いろんなサイト見ながら、後発だしちょっとちがう切り口で行けないかなと思って、ためしに海外のプラモサイトを中心に活動することにしたわけですよ。日本からとか、SDばっかやってるのも珍しいらしく、結構歓迎してくれます。
ああ英語じゃそう言うんかーと、結構勉強にもなりますし、機会があればぜひに。
今日は、フィッチェンさん(と勝手によんでる)とこの、NorrisPackardさんのシナンジュがすごそうなんで、勝手に紹介します。




BAKUC(という大会があって)エントリー用らしいです。こういうオラ設定は大好きです。シナンジュとかクシャトリアとか、もはや立体物として完成されすぎてて、達人の方でもいじりようがなさげな(メタルパーツだけどか)、印象があっただけに、完成が楽しみです。

fichtenfoo.com
右上からフォーラムいけるんで、ぜひユーザ登録してみてください。

10.28.2009

OZ-13MS GUNDAM EPYON(43%)

OZ-13MS GUNDAM EPYON(43%)
OZ-13MS GUNDAM EPYON(43%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
うーんなかなか進まない。
というか、ここ数日さわっていない。とりあえず最新の画像をはっときます。
牛乳パックのあきもなさそうだったんで、ダイソーいったら、ちょうど良い厚での方眼紙がみつかりました。いきなりプラ版切ってくわけにもいかないんで、これで仮組み見します。

朝生みながら描いてたんで、どっちつかずだったんだけど、これでも2,3時間はかかったような。。センスの問題やなあ。もうちょっと考えてみよ。

10.18.2009

OZ-13MS GUNDAM EPYON(40%)

OZ-13MS GUNDAM EPYON(40%)
OZ-13MS GUNDAM EPYON(40%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
細かい説明は出来ないけど、ひじとか胸部でかなりのオペがあって、ようやくプロポーションがでた。
そしてこのあたりから一気に難しくなります、と個人的には思ってます。なんとなく、程度ののものをきっちり完成にもっていくのはやっぱりしんどい。
バックパックは、とりあえず両面テープ止めなんだけど、さすがにこれじゃちょっとな・・・という感じです。なんかいいアイデアないかな。デスサイズの時はけっこううまくいったと思うんだけど。このへんの「強制解釈」がじぶんの作風の骨頂だと勝手に思ってるんで、なんかしたいなあ。

左のウィングガンダムは純粋なSD組み換えなんで、それよりは若干大きいくらいです。でもカメラの角度のせいもあるので、写真ほどは差はないみたい。個人的には満足。

ウィングガンダムは、いまだにちらほらコメントもらったりするんだけど、今見るとかなりまずいです。。バージョン2はぜひやりたい。


会社で使ってみたい新機動戦記な一言
「革命の気配はおのれで察しろ。」

「働いちゃいけないんだ!ぼくたちは!!!」

10.15.2009

OZ-13MS GUNDAM EPYON(37%)

OZ-13MS GUNDAM EPYON(37%)
OZ-13MS GUNDAM EPYON(37%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
ゼクス 「戦況を確認する、お前は敵か?」
ヒイロ 「ゼロに聞け!」

いいなあ。いわゆる「富野節」とは違うんだけど、なかなか名セリフ満載で、ウィングはじつは好きです。お決まりの裸祭りもないし、青少年をばかにしたようなサービス描写もぜんぜんなくて、意外と硬派な作りです。

エピオンがそれほど人気あるとは思わないけど、設定色で損してることもあるんじゃないかな。その辺踏まえたカラーにしてみる予定。10月半ばだから、これが今年ラストになるのかなあ。

10.13.2009

OZ-13MS GUNDAM EPYON(30%)

OZ-13MS GUNDAM EPYON(30%)
OZ-13MS GUNDAM EPYON(30%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
最新じゃなくて、少し前の画像です。
連休中はそんなに触れなかったんだけど、画像の段階から上胸を水平に切り飛ばしたりしてました。やっぱり可能な限り身長を抑えたいので。
この写真で、両面テープのフロントスカート以外は、間接は仕込み終わってて、ひじ&前うでも、いちおう目処は立ってるので、そこまで行けば、ようやく「スタート地点」です。
というと、何をえらそうにと言われるかもしれないけど、実際ちゃんと自立できるようになって、全景が見えてからはじめて細部の調整に進めるのであって、かっこよくできるかどうかも全部そこからの話です。そういう意味では、MGなんかはハコ開けた時点ですでにめちゃくちゃ立派に立ってくれるので、それを考えると小さくともSDもなかなか難しいんです。(あんなに完成されたMGを、硬いABSの骨格まで改良追求されてるような、神々は別次元の話ですから。。)

さて、1/100を刻むのは大変て話なんですが、先にネタばれすると、トールギスもやろうと思ってます。でその先には、ぼくのもっとも好きな、あれらのMSに挑戦したいんだけど、いっそMG刻もうかと思ってます。(それくらい好きなMSなんで。)当然コスト的にかかるし失敗できないんで、それまで修行しないと。

10.07.2009

OZ-13MS GUNDAM EPYON(20%)

OZ-13MS GUNDAM EPYON(20%)
OZ-13MS GUNDAM EPYON(20%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
ぞくにいうS字というやつをやってみました。(よく分かってないけど、こういう雰囲気やんね?)

基本的に素立ちがすきなんだけど、それはそれとして、(BB戦士の)可動化はもっと追求していきたいなあ。香港のモデラーさんなんかが、三国伝でフル可動仕込んでるのよくみるけど、身長維持しながらやるには相当なセンスがいると思う。

いちおうこれまでのところ、順調といえば順調のようです。まあ毎度ながら、全景がでてからの微調整が本番なんだけど。全身はちょっと高くなりそうです。ラスボスって大きいイメージあるし、まあいいか。
ガンダムウィング流しながら作業してるんだけど、あいかわらずネタの宝庫です。ヒイロは何回任務失敗しとんねん。

「それ、魚雷でしょ。わたくし分かるわ」

10.04.2009

TETSUJIN real scale

TETSUJIN real scale
TETSUJIN real scale,
orginalmente cargado por 5thLuna.
鉄人ついに完成しました。
全国区的にどれくらい知られてるのかな。いやガンダムと比べてどうだとか言わないように。

「太平洋戦争末期、大日本帝国陸軍が起死回生の秘密兵器として開発していた巨大ロボット」らしいから、フリーダムもダブルオーもユニコーンも、全部ここから始まったと考えたら、実にありがたい勇姿じゃないか!

三国志とかでも有名な、故 横山光輝 さんの出身?だかこの辺ゆかりがあるらしいです。ちなみに、もし他府県から来て見ようと思ってる人は、このへん何にもないとこですよw 観光かねてこられる際は、神戸駅とか三ノ宮駅まででることをお勧めします。期間限定とかじゃなくて、地元のシンボルになるみたい。

10.01.2009

OZ-13MS GUNDAM EPYON(8%)

OZ-13MS GUNDAM EPYON(8%)
OZ-13MS GUNDAM EPYON(8%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
少しずつだけどさわってはいます。
以前にも書いたとおり、胸のサイズが土台になっていくんだけど、今回そこでいきなり詰ってしまって、全体のシルエット出しに苦心しました。まだあいまいなんですが、なんとか両面テープベースで立ち姿を作るところまで行きました。

いつもはこの辺はさっさとつかんで、どんどん切り刻んでいくんだけど、やはり今回のように1/100をベースにすると、どうデフォルメするかで結構悩みます。V2も実はHGが1/100基準で、通常より若干大きくその分苦労しました。この1/100エピオンはさらに大きいです。BB戦士、1/144、1/100とパーツを比べると、あたりまえだけど1/100のほうが精度が高くてカッコよさげなんだけど、SDスタイルにもってくためには、結構な程度のそぎ落としが必要です。残すべき記号と無くしてもいいところを見極めながら、SDスタイル(やっぱり3頭身が限度かな)に持っていきます。

今回エピオンは、やっぱり羽をどうするかですね。1/100も残念なことに、ここは1パーツ整形なんで面白くないです。エピオンのMG化の作例はいくつも拝見したけど、やはりみなさんプラ版でスクラッチが基本のようです。うーんできるのかな。。

9.20.2009

VALKYRIE VF-1S

VALKYRIE VF-1S
VALKYRIE VF-1S,
orginalmente cargado por 5thLuna.
バルキリーようやく完成しました。どうせ写真撮るのは週末になるんで、それまでこつこつディテールを加えたりしてました。

初めから見てくれてた人は知ってると思いますが、当初あたまは、BB戦士マグアナック(ガンダムWより)ベースにしてたんです、似てると思ったんで。が、削れども削れども、ちっともマクロスの雰囲気が出てこないんで、フォーラムではみんな悪くないってコメントくれてたんですが、かえって辛くて、心機一転、作り直したことが良かったようです。
flickrで、たまたまシバイサザビーから武者サザビに改造している人がいて、それみながら、VF-1の顔に使えそうだということで。
マスク周りはそのままですが、あたまは大型化したり、形だしは手が入ってます。それ以外は、ベースにしたキットが良かったのか、そんなに難しいことはしてません。工作的な手間は、V2のほうがずっと大変でした。
キットのメーカーはARII(アリー)ってとこですが、まだあるのかな。

途中モデグラの、モナカキット改造特集号を入手したことは大きかったです。あれで奮起しました。

アップの写真がいくつかあるけど、もうちょっと綺麗に作れんものかな。。

同じくARIIの中古キット入手してるんで、つぎはスーパーバルキリーでもう一回やります。

9.14.2009

VALKYRIE VF-1S(99%)

VALKYRIE VF-1S(99%)
VALKYRIE VF-1S(99%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
すでに3ヶ月こえてて、そろそろテンションが持たないんで、土曜徹夜から一気に仕上げました。塗装のたびに大ゲンカです。
ライフルだけ間に合ってなくて、写真もできれば自然光でとりたいので、ギャラリーは次の休みになりそうです。
いつもながら、仕上げがトホホです。。それも全部、やってしまった後で考えれば、ほんのちょっと丁寧に注意してれば回避できたようなことなんだけど。

9.07.2009

GUNDAM EPYON(5%)

GUNDAM EPYON(5%)
GUNDAM EPYON(5%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
自分の場合、頭のサイズを基準にして、まず胸の大きさ、特に左右の幅を調整します。HGからなら幅ましするし、1/100や旧キットをベースにする場合は逆に、幅詰めします。次は肩。肩はSDにおいては重要な記号になると思います。
これで、とりあえず胸像的なカタチが出るので、つぎは腕を置いといて、下半身に進みます。スネ-クツまでつないで、自立できるようになれば、次に両腕。両面テープ仮組みを、市販間接パーツに置き換えて、四肢のバランスを調整。最後は、そのバランスに合うように、頭を調整します。前後幅ましは大抵やりますが、左右幅の変更は、ケースによります。あとはバックパック。と武器。
この最後の二つは、結構重要だと思ってます。ちっちゃめにデフォルメするやり方もあると思いますが、僕の場合はほぼフルサイズで使います。

バルキリーはサフふいたところです。次の休みには塗装できるかな。。。

9.02.2009

リアル・ユニバーサル・センチュリーはじまったな

先にプラモの話しとくと、バルキリーは腰間接こわしてしまって修復中。エピオンは両面テープベースで構想中です。まだノコギリは入っていません。いやさすがにテンション上がらないしw
以上です。以下政治ネタなんで、きらいな人は、どうか右リンクからギャラリーでも覗いていってください。


さていよいよ小宇宙政権が「民意」で誕生したわけですが。いよいよはじまるのはユニバーサル・センチュリーか、コズミック・イラか。
(ネットの勢いで色んなことばが飛交ってるんだけど、まず自民党は右翼どころか、中道です。世界の常識で見れば。公明は中道左派。社会全体が左よりだから、勘違いするのも分かるけど。常識的な右翼や極右政党なら、とっくに実力行使に「出ざるを得ない」状況がいくつもあるんです本来この国は。でも自民党が何十年政権にあっても、そこまでの世論のプレッシャーはない。ほとんどの国民が望まない。そんなのは右翼政権とは言わないんです。憲法すら自分たちで変えられないんだから。そんなおかしな自民党がウヨクといわれるくらいだから、この国のリベラルは、さらに異常。)

内外から色んな評論が出てきてる中で、下の内容が目に付きました。



おおむね同じ意見です。本当に、自民の政策でダメージを受けて、民主の展望に期待が持てるなら、それはもちろん票に訴えればいいんだけど、どうもこういう結果を見てるとそうじゃなさそうなんですよね。テレビで「歴史的」だのあおるから、記念投票してるだけなんじゃないのと。世の中不満がない人なんかいるわけがなくて、とりあえず政府与党のせいだからと反対だけはしとこうとか。ぼくは投票には行くべきだと思うんだけど、同時に票に重みの格差をつけるべきだとも思います。普段まったく関心のない投票いかない人の1票は、軽いんじゃないの。もちろん、今回だけじゃなくて、4年前の郵政フィーバーも含めての話ですよ。
じゃないと、この先生が言ってるとおり、まともな国政にならないし、国際社会もそんな不安定な国を信頼して付き合うなんて出来ないんですよ。恥ずかしい。


で、すでに報道でてるように、ニューヨークタイムズにでたデスティニープランがさっそく”注目”されてます。
”A New Path for Japan” (pathって小道みたいな意味だと思うんだけど、この用法は適切なんだろうか。。)
中身はというと、いまどきマリナ・イスマイールでも言わなさそうな、くっだらんアメリカ批判です(笑)。いやもちろん僕らは属国じゃないし、ポチなんていやだし、頼もしいのはいいんだけど、本気で「対等」であろうとするならば、まずそれに値する「資格」が必要なんですよ。
会社で考えてみればわかるけど、お得意様、大口さん、下請け、、、現実の社会において、平等とか対等なんかないんですよね。もちろん人間個人でみれば、それは法の基に平等だし、どんな肌の色の何国人とだって、個人同士ならほとんどの場合平等です。ところが、国際社会は学級会やら友達の輪とは違うんですよね。すべてはパワーゲームです。じゃあパワーって何っていうと、結局のところ軍事力が担保するのが現実であって、それを運用する民主政治的成熟度、経済力、金融力、資源とか技術力なんかが「資格」じゃないんでしょうかね。そういうのが備わって、はじめて他者よりでかい声を出すことが出来るわけです。いや声を聞いてもらえるわけです。そして、結局のところそれがアメリカなんです。

じゃあ日本が少しでも対等に近づくのなら、何より初めに必要なのは、自主憲法の制定という話に帰結するんです。占領時期に急ごしらえした憲法のあいまいな解釈をやめて、本当の意味での国防軍を整備しないと、安保で守ってもらいながら対等だの反米やることは恥ずかしいことなんです
この自主憲法の制定こそ、自由民主党の党是なのです。安倍さんはそれを、「戦後レジームからの脱却」というビジョンで示したし、麻生さんは「自由と繁栄の弧」の構想を掲げました。まあ大方の国民にはそんなことより、日常の不満をテレビに乗っかって政府与党の文句言ってるほうが、面白かったんでしょう。事実、事務所費、天下り、漢字間違いと、突っ込む材料には苦労しないし。

ところでアメリカに対して中国はっていうと、もちろんパワーではあるかもしれないけど、いまだ史上一度も選挙を実施できない、民主主義を共有できない、法治ではなく人治国家といわれ、少数民族を迫害し、億をこえる読み書きできない国民をほったらかし。。。そういう国家がどこまで信用できるのかというわけです。不思議なことに左翼社会主義者には、それが憧れに見えるらしいんだけど。


サンダーバード隊(笑)最高司令官 哀戦士・宇宙山は社民共産と連立して、何が出せるのか知らないけど、人はまだまだ重力に魂を引かれてるんだよ。取り返しのつかないことになる前に、実験国家は木星に帰って地元でやってくれ。

(追記)×社民共産と連立 → ○社民国民新のまちがいでした


8.28.2009

VALKYRIE VF-1S(85%)

VALKYRIE VF-1S(85%)
VALKYRIE VF-1S(85%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
ちょっとしたアイデアを思いつきました。
背中の羽まわりは、当初いじる予定はなかったんだけど、やっぱりそのままじゃさびしいし、マクロス知らんわりには作業しながら結構愛着が出てきたんで、やれるだけのベストは尽くそうかなと。

写真はまだ両面テープです。部品はザフト最高評議会に内緒で横流しされてきたモノです。開閉はネジがいいかな?

それにしても、いまのマクロスってかっこいいですね。モデグラ見たんだけど。こないだまで夜中やってたやつは、結局一度も見なかったんで。レンタルしてみようかな。

8.26.2009

こんなあほな発想しかないから、今の事態に至ってるのが分からないのかな。

国民は、なにも政治家先生に媚びてもらいたい訳じゃなくて、明確な、国家レベルと国民レベル双方からのビジョンを示してほしいんだよ。。
みんなが元気出して、仕事や勉強、家事育児にとりくめるような、ビジョンと、それを実現するための施策、そのために必要なコスト。それを、ばかにも分かりやすく、論理的にアピールすることが、仕事だろうに。会社で考えれば新入社員でも分かる話。
土下座して「うちの製品を買ってください」って、いくら役員さんが消費者に訴えても、それで買ってもらえるほど世の中甘くないし、いやむしろ引くわ。

なんでこんなにレベル低いんだろう。。おかねがあったら国外脱出するのに。。

8.23.2009

GUNDAM EPYON

GUNDAM EPYON
GUNDAM EPYON,
orginalmente cargado por 5thLuna.
バルキリーは、ある程度のディテールも入れ終わったんで、最終サフのつもりだったんだけど、まだまだキズが残ってます。スジ彫りもまっすぐじゃないし、テンション下がるな。。

MG達人ブログとか拝見してても、あんまりこういう表面処理の段階を詳しく公開されてることって少なくて、改造作業の次は、キレーなサフ状態画像があって、あっという間に塗装完成って多いと思うんですよ。いちばん難しいところ、どうやったら効率よくうまくいくんだろう。地味だけど完成の出来を左右する、重要な工程で、ぼくが最も苦手な部分です。根気良くペーパーがけを繰り返すしかないのかなやっぱり。


その名はエピオン。
前々からつくりたいなと思ってたんで、次はこれで行こうかな。

8.22.2009

parting line trial

parting line trial
parting line trial,
orginalmente cargado por 5thLuna.
本題にうつつをぬかして、副題がおろそかになってしまった。
何かのひょうしでここまで飛んできてしまった方には申し訳ないんですが、あまりたいしたBB戦士はここでは期待しないでください。。

一部では300議席越えの予測も出始めてるので、さすがに観念するしかないわな。
まあ発足後の分裂は目に見えてるわけだし、政界再編でまともな保守政党ができるのを期待するしかないか。これを機に自民左派も一掃出来ればいいし。

しかし、参院が民主主導ですから、これはほんとに危機的事態でしょ。どんだけのあほ有権者がわかってるのか知らんけど。。。なんにしても、投票だけはちゃんと行きましょう。


それでバルキリーの状況ですが、今回自分の中で新しい試みとして、スジ彫りに挑戦しようと思ってます。ディテールって、凸と凹があって、前者はプラ平棒貼るだけで簡単なんだけど、後者はなかなか難しいイメージがありました。(実際そうだと思う。)

初心者でいきなり高価なツール買うわけにも行かないんで、いろいろ調べてると、めがね用マイナスドライバを、包丁磨ぎ石をつかって極小彫刻刀にしてしまうことが出来るそうです。100均で揃うので簡単。
それと、定規代わりに使うテープは東急ハンズで見つかりました。

頭のいい人がいるもんですねー。

8.17.2009



正直哀しくてコメントする気も起こらないわけだけど、

何のことか分からない人のために、簡単に経緯を書いとくことにします。

上は、民主党集会の様子。
壇上の、本来あるべき民主党のロゴがなんかおかしい。
(※そもそも本来、国旗を掲揚すべき、ってのは、ここではとりあえずスルー)

民主党のロゴは、水面から朝日が昇っていく様子を表しているそうで、下半分の赤丸は、よく見るとたしかに水面にゆれるような、真円ではないデザインとなってる。
(民主党のHPでロゴを見てみると、確かにそうなってる。)

ところが、この集会でのロゴは、下半分も真丸なわけです。でよくよく見ると、これ二枚の日の丸を、切り貼りして作ったものらしい。しかも、あろうことか、下半分だけ水面ゆらぎを表すためなのか、しわくちゃにしてるわけよ。。。

このことを、党首討論で、麻生首相が問い正したら、鳩山は、あっさり認めて、HPにも掲載されていた、問題の写真を削除したのです。ただその言い分は、「ロゴマークは自分たちにとって神聖なものだから、きちんと作らないといけない」だと。。。

何考えてるかさっぱりわからん。。。国旗にハサミ入れるか普通。。。

そりゃ日教組や某国からは拍手喝采かも知れんが。

このひと、「日本列島は日本人だけのものじゃない」「自分は日本列島よりはむしろ宇宙の一員とおもっている」って発言もあるしな。
いったい何を考えてるんかマジで怖い。

そのことを、ひとつも報道しないメディアはもっと怖い。


大 丈 夫 か こ の 国 は 。 。 。

8.16.2009

護国神社へ行こう

Yasukuni Shrine
Yasukuni Shrine,
originally uploaded by 5thLuna.
8月15日でした。
例年、靖国にお参りして、ちょこっと東京観光して帰ってくるのが恒例なんですが、今年は子供も小さいし、見送りました。(写真は以前の。)
今年は閣僚で参拝したのは野田大臣だけだそう。なんというか、もう言葉も出んわ。馬鹿マスコミも、こういうときこそ叩くべきなんじゃないの、「おまえらどこの国の政治家やねん」と。

ああ、fgにV2の写真アップしたからかな。。なんかアクセスが多くなってるみたいで、プラモの話じゃないんで、興味ない方はflickrでも覗いてってくださればうれしいです。

靖国のはなし。超簡単に話してみる。
そもそも神社って、関心あります?日本全国に8万社くらいが、神社本庁の管轄にあって、それに属さない大小(それこそ鳥居しか残ってないとか)あわせると、もう数え切れないくらいになるらしい。普段関心なくても、初詣とか夏祭り、七五三なんかではお参りすると思う。もともとは、土地の神様が祀(まつ)れるようになったのが、その後日本神話上の英雄とか、天皇をお祀りするようになって、例外的に秀吉、家康みたいに、皇族外の人間が、お祀りされてることもあります。

それで、靖国神社は何が特殊なの?何を騒いでるの。A級戦犯なの、死ぬの?
靖国神社が少し性格が違うとしたら、「日本のために戦って犠牲になった軍人がお祀りされてる」神社だという点につきます。話が飛ぶけど、当時の台湾出身兵や朝鮮半島出身兵も、同じく「日本人兵」としてお祀りされています。日本領であり日本国であったので当然です。また、軍人とともに戦った、軍馬、軍犬、軍用伝書鳩まで、銅像が祭られているのも有名ですね。

そもそもは、明治の夜が明けたときに、明治天皇の声で、「嘉永6年以降、維新のために命を落とした志士の鎮魂のため」東京招魂社として建立されたことがその始まりです。嘉永6年は西暦1853年。そうペリー提督が軍艦ドゴスギアで、浦賀にやってきた年です。
ここから幕末に向かって、攘夷、開国と国内が大混乱となって、戊辰戦争がおわって、ようやく明治新政権のもとに、新しい日本がスタートするわけだけど、新しい国づくりのための混乱のなかで、命を落とした志士・兵士としては、当然、坂本竜馬や高杉晋作だって含まれていて、ちゃんとお祀りされているんです。

でそういう背景から、明治以降、まあここから帝国主義時代にいやおうなく巻き込まれていくんだけど、日本のために戦って命を落とした軍人をお祀りすることとなり、日清、日露から、太平洋戦争(大東亜戦争ね)まで、合計246万余柱(←1魂を1柱と数えるそうです。)が今も眠っているのが、靖国神社なわけです。

そういう場所である以上、後世のわれわれに出来るのは、ただ静かに両手を合わせるだけですし、実際世界のどんな国にも、自国の礎として殉死した人を、たたえるための墓地や記念碑はあります。ちなみに、国防すら放棄したような憲法をかかげて、アメリカに守ってもらいながら、ヘーワヘーワとわめいてきた戦後日本人には想像もつかないことだけど、当時は世界中が領土拡大を図って戦争しまくってた、帝国主義の時代です。たった10年前まで鎖国してちょんまげしてた日本が、生き延びていくにはどれほどの困難があったかは、計り知れないわけです。それが侵略だったとかどうだとか、今の立場で簡単に言えることなんかね。

ところがどういうわけか、同じ日本人(違うのかも)なのに、なにかとケチをつけて騒ぎ立てる人種があります。それは、以下のような内容が気に入らないらしい。

靖国には処刑された14人のA級戦犯もお祀りされています。A級戦犯っていうのは、太平洋戦争時の、日本の内閣指導者のうちで、戦後、東京裁判で、連合国から特に責任があるとして、裁かれた人たちのことです。簡単にA級とかいうけど、戦争に勝った側が、まけた側を裁くってこと自体が、ありえないわけなんですよ普通。同じ戦争して方や核まで使っといて、勝った方だけインフィニットジャスティスなんですかと。それでこの処刑も、日本の犠牲として靖国神社の判断で戦後に合祀したわけです。

これをさして、アジアの人たちが傷つくだとか、指導者である以上、兵隊と同じく祀られるのはおかしいだとか。

あとクリスチャンや仏教徒だった人まで、かってに神社に祀るのが納得できないとか。
朝廷側として戦った殉死者の鎮魂が目的なので、幕府側として戦った、新撰組や白虎隊、のちに反乱軍の長となった(された)西郷隆盛なんかが、含まれてないとか。
国会議員が神社にお参りするのは、政教分離に反するとか。

そんなこんなで、現職閣僚のうち、たった一人だったそうです。堂々と靖国の240万柱の英霊に両手を合わせたのは。ハトヤマなどは今のうちから宣言してますね。絶対に参拝しないと。まさに売国ですな。

もしたまたまこれを読んで、ちょっと行ってみたいけど、東京は遠いって人は、ぜひ地元の護国神社を御参りすればいいと思いますよ。故郷の人たちがいつでもお参りできるように、ほとんどの都道府県には護国神社ってのがあって、地元の出身者は、護国神社と靖国神社の両方にお祀りされるようになってるそうです。

(夜中に書いたので、読み直して一部追記修正しました。)

8.14.2009

VALKYRIE VF-1S(82%)

VALKYRIE VF-1S(82%)
VALKYRIE VF-1S(82%),
originally uploaded by 5thLuna.
バルキリーはビームサーベル使うんかな?
この段階までくると、ひたすら塗装に向けての表面整理です。見た目はあんまり代わり映えしないんで、もう写真はこれが最後くらいかも。
しかしいったいどんだけヤスって埋めればきれいになるんだよ、と。この辺の処理が雑いから、塗装後にいつもいつも後悔してます。

今回は、スジ彫りに少し挑戦してみようと思ってます。いろいろみてると、何千円もするタガネ(彫刻刀みたいなもん?)とか有名らしいんだけど、ぼくの予算では無理なので、似たものを探してきます。今のところ、写真の真ん中の、タミヤの引っかきカッターが良さげです。

8.13.2009

XXXG-01D2 DETHSCYTHE-HELL

XXXG-01D2 DETHSCYTHE-HELL
XXXG-01D2 DETHSCYTHE-HELL,
originally uploaded by 5thLuna.
プラモをやるようになって、もうひとつ楽しみが増えたのは、写真です。
苦労して作った以上、すこしでもかっこよく写したいというのはありますね。プラモ以外でも、食べ物とか写すのも面白いです。
といっても、デジカメのマニュアルも読破してなくて、ほとんど適当なんですが。

今日から休みなんで、午前の自然光をつかって、いろいろ撮影してみました。V2も撮り直したんで、良かったらのぞいてみてください。個人的に、ガルル中尉がかっこいく撮れました。
バックに敷いてるのは、画用紙とかスチロール板とか100均でみつかるもの。

バルキリーは、溶きパテで傷を埋めてはヤスリの繰り返しで、とりあえずいったん洗剤で洗い流して、いま日干ししてるところです。乾いたら缶サフして、写真追加します。

8.08.2009

goods got at Osaka

goods got at Osaka
goods got at Osaka,
originally uploaded by 5thLuna.
実家に帰省しているので、作業は中断です。
ひさびさに梅田にでたので、お決まりのコース、まんだらけ->梅ヨドをチェックしてきました。

言ったとおり、リバティエンペラーを期待してたんだけど、見つからなくて、代わりにポセイドンXってのを買いました。やっぱりザウルス先生のデザインはいいわ。惜しい人でした。

ザクⅢは、まえに旧キットからSD改造したんだけど、次はHGサイズで作りたい。数あるザク系でも、ザクⅢが一番かっこいいと思う。
スーパーバルキリー。これはめずらしんじゃないかな。またSDにします。今作ってるのと並べたい。この2つはまんだらけの中古です。あそこはほんとに格安でお宝が見つかることがあるので、要チェックです。

VALKYRIE VF-1S(80%)

VALKYRIE VF-1S(80%)
VALKYRIE VF-1S(80%),
originally uploaded by 5thLuna.
朝5時半です
徹夜作業は久々かな。この段階まで進んでくると、やってもやっても見た目の代わり映えがあまりしないので、がんばりどころです。何個作っても、やはりきれいな表面を作るところが難しい。
80%とは言ったものの、まだまだかかりそう。8月中は無理だろうな。。作りたいものはSDに限らず、いっぱいあって困るくらいなんですが。

とくにここんところは、ミニ四駆熱が燃え上がってきてきました。いろいろ調べてると、いまでも全国大会みたいなのは続いてるらしく、残念なことに大阪大会は先週終わってしまったらしい。小学生の頃、第1回ジャパンカップってのが開催されて、友達が抽選に当選して参加してたなあ。
明日は梅田に出るんだけど、リバティエンペラー見つかるかな。

8.02.2009

PROTO-EMPEROR ZX

PROTO-EMPEROR ZX
PROTO-EMPEROR ZX,
originally uploaded by 5thLuna.
プロトエンペラーZX(ジィークロス)
「 あるときは敵、またある時はダッシュ軍団のメンバー・・・四駆郎の永遠のライバル、鬼堂院陣。彼の紫のマシン、それがプロトエンペラーZX。エンペラーシリーズの原点が独自に進化したマシンは、脱着式フロントウィングを持つエアロマシンだ。」

って書いてました。
世代的に、ガンプラよりはミニ四駆のほうが熱中したように思います。第一次ブーム直撃でした。でも、ダッシュ1号エンペラーあたりで卒業したので、このプロトエンペラーはしりません。(のちのフルカウルとかはさっぱり。)

写真ではどう見えるか分からないけど、塗装最悪です。。。
ちなみに車って、ツヤ出しで仕上げるのがセオリーだろうけど、手持ち素材のこともあって、ガンプラと同じくツヤ消しとしました。

7.30.2009

VALKYRIE VF-1S(70%)

VALKYRIE VF-1S(70%)
VALKYRIE VF-1S(70%),
originally uploaded by 5thLuna.
平日深夜に作業するのは久しぶりです。
モデグラに触発されて、やる気が戻ってきました。ほどほどで塗装に進むつもりだったけど、もうちょっと手を加えることにしました。
写真は、ようは前胸部のボリュームをアップさせてみようかと。フリーダムやサザビーの改修ではおなじみのやつです。(バルキリーは戦闘機に変形するんだけど、そこは考えずに、MS立姿がかっこよく決まることを優先します。)

7.28.2009

HOW TO BUILD "MONAKA" GUNDAM

HOW TO BUILD "MONAKA" GUNDAM
HOW TO BUILD "MONAKA" GUNDAM,
originally uploaded by 5thLuna.
雑誌はめったに買わない。ときどきほしいと思うのは、モデグラですね。それ以外はブックオフで古いのを買うことがあるくらい。

モナカ、旧キット系の特集の時に買ってます。作業の勉強になるし。あとモデグラは写真がいいですねいつも。模型だけをきれいに撮るだけじゃなくて、テーブルの上においてあったり、なんというか、「模型のある生活」がテーマのような。気のせいかなw
あと、あんまり言いたくないんだけど、他の雑誌って、後半半分はもうなんかね。。そりゃ見ないわけじゃないんだけど、やっぱりそろそろなんらかの規制が必要じゃないかな。。最近ゲーム業界も厳しくなって来てるみたいだし。

プラモの話。
改造って、どのくらいのひとがわざわざするのかな。たぶん、工作することが楽しいとか、満足のいくものを作りたい、って人おおいと思うだけど、ぼくの場合他にも、いじらないとお金がもったいないって感覚がありますw 400円のBB戦士で、いくら分熱中できるか。そこが重要なんです。

7.26.2009

VALKYRIE VF-1S(76%)

VALKYRIE VF-1S(76%)
VALKYRIE VF-1S(76%),
originally uploaded by 5thLuna.
頭のやりなおしは方向として間違ってなかったようです。見た目はVF-1でいけるんじゃないかな。パテの削りだしとかは普段あまりしないから、苦労しました。

背中の羽は、キットのものをそのまま使うつもりです。あまり劇中のギミックに詳しもくないので。マクロスって、ガンダムにくらべたらシンプルなデザインだから、気分転換で簡単に仕上げる予定だったんですが、結構な作業となりました。武器はコトブキ・ライフルこのままでかっこいいんで、あとは耳周りを整理して、このくらいで終わろうと思ってます。

頭身は約3頭身といったところかな。ちょっと頭が小さいんで、パテでボリューム出したつもりなんですが。

にしても、今年は完成品が少ないな。
1/100ビギナ・ゼラは、少しずつ触ってるんですが、なかなか落としどころが見つからず。調子に乗って、いきなり多くをやりすぎようとしたのがまずかった。
ハンマハンマはといえば、いちおう形はできてるんだけど、スキマとか裏面とか、あまりにチープなんで、これもまだ塗装にすすむ踏ん切りがつきません。
ほかにはミニ四駆プロトエンペラーなんかの塗装(スプレー缶)なんかやったりもしてます。

いい大人なんだから、ちゃんと完成させないとね。。