*政治的な内容を含みます。ご注意を

5.31.2009

DORORO

DORORO
DORORO,
orginalmente cargado por 5thLuna.
エウーゴ所属 ドロロ頭領完成。
土曜徹夜で、塗装しました。(インフル・ストームの収束で、家族が日曜に疎開先から戻ってくるので。またしばらく塗装できなくなります。)

目玉はまん丸をマスキング出来そうになかったんで、付属シールです。背中の大刀は、コトブキヤの武器アクセサリで、サヤは赤で目立たせてみました。まあ柄が大きくて、持たせられないんだけど。右手のビームサーベルは、HCPリガズィの。

次はパイレーツ編らしく、クルルが結構かっこよかったんで、プラモ化が楽しみ。

5.29.2009

XM-07G VIGNA ZIRAH(32%)

XM-07G VIGNA ZIRAH(32%)
XM-07G VIGNA ZIRAH(32%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
1/100ビギナ・ゼラ 少しずつ進んでます。
写真では、頭とベスバーが手付かずで、肩も無理やり挟み込んでるだけ。

実物は結構かっこいく見えてきたんだけど、なんでか写真にすると納まりが悪い。。ここまでの工作では、ヒジとヒザの見直しが、後ほど必要になる模様。
でもなかなかがんばってるほうじゃないかなw だってBB戦士しか作ったことないわけやし。
とりあえず、きれいに表面つくって、丁寧に塗装してデカールはってつや消しふけば、それなりに見えるはずだと、期待してます。

色は、シナンジュの作例とか参考にさせてもらってます。朱色とかメタリックとか、色んな表現があるわけだけど、いちおう自分なかでもイメージはできました。

ユニコーンはアニメなんですね。劇場版で、主題歌 森口博子で期待してたのに。
局は決まったのかな。たのむからTBSやテレ朝で、余計な電波補正かけるのはやめてくれ。(長くなるのでまた今度。)

5.23.2009

Seabook comes back as Kincado Nau!

「わが拳は我流。ゆえにタネあかしは一回きりよ!」 (雲のジュウザ)


ぼくは工作も塗装も、まだまだ満足には遠いんですが、アイデアとか奇抜性で、個性をだせたらいいなって、いつも意識しています。あいつが作るものはなんか知らんけどおもしろい、とか思ってもらえたらいいんだけど。

いくつかのサイトに投稿してるんだけど、V2は結構評判が良くてよかった。

SD以外にも、いろいろ作りたいものがあって困ってます。取引先の人の結婚祝いにも、プラモ頼まれててw、お世話になってるんで、かっこいいやつあげたいし。

写真は、見てのとおりの感じなんですが、まだ思いつきの段階です。ロボット魂のできが、あまりにアレだったんで、もうこれしか方法はないかなと。。。

5.21.2009

V2GUNDAM Ver.K[e]

V2GUNDAM Ver.K[e]
V2GUNDAM Ver.K[e],
orginalmente cargado por 5thLuna.
Stand UP to the Victory~ ってたしか高校くらいのころかな。10年たって社会人になってこんなものにのめりこんでいようとは。

正直今回は難しかったです。ちぢめたり、幅増ししたりはいつもとおんなじなんだけど、スペース的に困った箇所も多く、首周りなんかは大変でした。
転換となったのは、V2のフェイスに、RX78(SDパーフェクトガンダムのなかのひと)のものを移植したところです。V2キットも悪くなかったんだけど、もすこしインパクトがほしくて。
SDフリーダムやらアストレイやらのフェイスも試したんですが、もともと似てるガンダムに落ち着きました。もちろんサイズが合わないので、ヘルメットをたてに真っ二つで幅まししてます。おかげで今度はエリがVラインと干渉したり。。。

色のこと。
何度も言ってるとおり、塗装は得意じゃないです。散らかるし奥さんは怒るし。
ただ、どんな色にしようかな~って考えてる工程は、一番好きかも。っていうのは、自分の中で原則的に、箱絵通りにはやりたくないってのがあるんだけど、じゃあぜんぜん別物にするかって言うと、そうじゃなくて、設定色は踏襲しつつ、微妙にトーンをかえてみる感じです。お、これもありかも、って見えれば成功なんだけど、やりすぎると、「ぼくの考えた最強ガンダム」になってしまうので。
まえまえから思ってたんだけど、やっぱりガンダムに赤はいらないんじゃないかなと。どうも3色になるとおもちゃっぽくて。

V2はうまくいったんで、これと並べられるような、マーベットさん専用機のVダッシュとかやるかもです。V2アサルトは。。。しんどそうなんで無理

5.18.2009

LM314V21 V2GUNDAM(92%)

LM314V21 V2GUNDAM(92%)
LM314V21 V2GUNDAM(92%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
SD V2ガンダムその後。
写真は最終工程です。前にも書いたけど、どうにもフェイスパーツのアトハメが無理だったんで、やむなく、先にフェイスの塗装して、厳重にマスキングして、ヘルメットの前後あわせ・継目消し、という流れとなりました。間に1mmプラ版2枚挟んでます。

デスサイズも同じ流れだったんだけど、あろうことかここで手を抜いてしまって、写真にあるとおり、しっかり継目が残ってしまいました。これを教訓に、今回はかなり入念にヤスったつもりです。

というか、これかいてる時点で、すでに昨晩で完成してます。トップコートまでおわってるから、最後ちょっとビーズをうめて、それでほんとに終わり。
前作からもう半年で、ずいぶん時間がたちました。ちょっとづつでも進歩してたらいいんだけど。

5.10.2009

XM-07G VIGNA ZIRAH(10%)

XM-07G VIGNA ZIRAH(10%)
XM-07G VIGNA ZIRAH(10%),
orginalmente cargado por 5thLuna.
ぼくのプラモ歴も2年になり、あたらしいチャレンジをと思って、はじめてリアルスケールのガンプラに挑戦しています。正確?には、たしか小学生の頃にZプラスを作った覚えはありますが。

MGやHGを改造されてるブログはよく拝見してるし、基本的な工作手法はSDであっても変わらないはずなんだけど、なかなか感覚的なものなのか、どうもバランスが悪いです。とりあえずかなり昔のキットなので、脚を伸ばしてみたところです。上半身はまだ手付かず。

キットはマイナーですね。ビギナ・ゼラっていって、クロスボーン軍のMSV的なMSで、セシリーが操縦したビギナ・ギナとは、兄弟機にあたります。
うまく形になればいいけど。

5.06.2009

SILHOUETTE FORMULA 91...

SILHOUETTE FORMULA 91...
SILHOUETTE FORMULA 91...,
orginalmente cargado por 5thLuna.
ユニコーンの映像化が決まったそうで、今から楽しみです。劇場版なら行きたい。
小説のほうはなんとなーくしか追ってないんだけど、お願いだから、最近の
「世界の平和について考えてみよう」ガンダム(笑)
だけはやめといてもらいたいものです。

連休だし、ちょっと思うところを書いてみる。
ガンダムからはじまったユニバーサル・センチュリーものって、典型的な左翼的設定でありながら、実は一貫してものすごく保守的なストーリーなのは、よく言われることだと思います。
左翼思想って。。っていうのはそれだけで一冊の本になるから、興味ある人はウィキペディアでも見てもらうとして、簡単に言うと、反体制思想ですね。つまり、連邦っていう、巨大な体制(お決まりに強圧かつ、腐敗してるんだけど)の支配に対する、スペースノイドの独立自治と、それを支えるジオニズム・ニュータイプ思想っていうのが、物語の根底をなしています。
この形は、グリプス戦争に移っても、連邦(ティターンズ)に対する、反政府組織であるエウーゴの抵抗であったり、さらにアクシズ戦争(ジュドーの時代)では、「大人たち」に対する「子供たち」の奮闘って描かれ方をしたり。フロンティア1でのシーブックたちの活躍も、大人と子供って対比があったし、ザンスカール帝国に対する、リガミリティアはちょっとちがうか。。。(あんまり知らないけど、ハサウェイのマフティ何とかも、似たもんかと。)

で肝心なのは、いつも結局体制は守られて、主人公はパイロットとして、やむなく戦っていくうちに、色んな理不尽を経験しながら、(少年はやがて)大人になっていく、っていうのが、確立されたUCの(ひとつの)王道って言えるとおもいます。わかりやすいところで言えば、典型的な甘ったれのカミーユが、中盤以降はカツをしかりつけたりするような。アムロもロンドベルではすっかり大尉です。連邦(体制)が何か変わったわけではなく、ただ少年が成長して、大人としての生き方を身につけただけです。シャアやガトーの空想・理想主義は、結局革命を実現することはありません。打倒体制バンザイ的なお話じゃなくて、実は非常に保守的なところが興味深いです。
あれ、左翼の反対は右翼じゃないの?保守ってなに、って言う人は、一度そういう本を読んでみてください。面白いから。

はい。ところがこのUC王道に、(アナザーセンチュリーって以上に)おおきな転換を打ち込んだのが、ガンダムW(ウィング)でした。
この作品で、急に、「平和とは、戦争とは」見たいな事を言い出して、ガンダムにものすごくサヨク臭が加わった。Wの評価で、婦女子うけだとかヤオイだとか言われるけど、そんなことは所詮「まんが(アニメ)」の範疇であって、ぼく的には、このサヨク臭さ(左翼じゃないよ)が、何より違和感があった。
電波サヨクがいかにハタ迷惑で痛いかが、リリーナ姫の活躍を通じて存分に発揮されるんだけど、いちおう劇場版EWで、なんとか現実世界に復帰出来たようで、話としては、まあまとまったように思います。ラストの、「その後二度と~」は明らかに余計だけど。
(ちなみに僕はガンダムWすきなんですけどね。)

次回は、ガンダムSEEDのこと。左翼とサヨクって?とか。

5.04.2009

DORORO

DORORO
DORORO,
orginalmente cargado por 5thLuna.
ドロロ頭領。2日で速攻工作で、サフまで行きました。
手をいれたところは、首のボールジョイント追加によるアゴ引き、スカーフとかマスクをパテでボリュームアップしたり、頭巾をコンロであぶって、ちょっとなびいてるようにプラを曲げてみたり、といったところです。

BB戦士もそうだけど、こういうささいな物を自分なりに手間をかけてつくっていくことはおもしろいですね。
でそのSDハンマ・ハンマといえば、あとは塗装という段階まできたんだけど、例のごとくここで手が止まってしまいます。--;
塗装は得意ではないのだけど、別に嫌いなわけでもなくて、ただ気合が必要です。散らかるし、いっきにケリをつけられる時間が取れないと家族にも迷惑がかかるので。