*政治的な内容を含みます。ご注意を

2.27.2011

VF-2SS VALKYRIE II + FRAME ARMS(68%)

ついにバックパックに入りました。
当初は仕様改造を諦めた、キャノン砲ですが、ここまで来たので勢いでなんとか方法を考えてみました。

写真のどこが?って思われるかもしれないけど、じつはVF-2SSの特徴的なキャノン、これ長さ自体はキットのままでいじってないんですが、その発射形態がちょっとかわってて、例えるなら、フォビドゥン・ガンダム(なつかしい)みたいに、背中からなんかかぶりこむように、砲身を展開する仕様です。
それがあんまりかっこいくなかったので、関節を作って、一般的な肩キャノンの仕様に変更してみました。

何を言ってるか分からないと思いますが、もう一頑張りです。

2.23.2011

【書評】「何かのために sengoku38の告白」


,
orginalmente cargado por 5thLuna.

まずはこれ、まるで金魚とお釈迦さまとの問答です。
WWW.ニュース 【尖閣事件】 毎日新聞 「なぜ、尖閣ビデオを公表しようと?」→一色元保安官「…本来は、マスコミや政治家の仕事では?」

「なんで朝日新聞から出版したんすか?」っていう疑問は置いておきましょう。

(最近はブックオフどころか、すっかり図書館の利用がもっぱらなんだけど、、)少しくらい何か出来ればと思って、ささやかだけど新刊を買ってここに書いてみることにしました。

公平に言うと、この手の主張は、これまでも散々くりかえされてきたし、保守的論旨としては、特に新しいことは書かれていません。本来なら、別に注目することもない、ごくあたり前の内容です。
ただしその「本来」というのは「ごく普通の国、社会なら」という意味であって、残念なことに戦後の日本はその普通本来の形から、大きく乖離してしまっているところがあります。それに対する問題提起は色んな識者から繰り返されてきたんだけど、そのたびに、メディアや教育会、平和勢力らからの「軍国主義者」「軍靴の足音」「いつかきた道」「教え子に再び銃を取らせるな」「周辺諸国感情」「アジアの諸国が注視している」だとかのトンデモ極論ノイズによってかき消されて、真剣にみんなが考える機会を奪ってきたのは、もはや残念を通り越して、現実に世界が複雑化する中で、実際色んな問題として表面化しているように思います。

例えばこんな残念な大人たちを、笑って晒し者にしてるような余裕は、もはやなくなってきたということです。(本人たちはかっこいいオピニオン☆と思ってるんだろうな、かわいそうに。)
ゴタゴタシタニュース : ひろゆき「“国を守るために戦う”ってどうかと思う」…ホリエモン「国を守りたいって思ってる人は、“国に頼ってる人”」

実際に今回の体当たり攻撃作戦事件も、ある賢人曰く「友愛の海」であるはずだった場所で起こってしまったわけですし。


話をこの本に戻すと、
学者や政治家ではなく、実際船に乗って(尖閣とは違うけど)任務に当たっていた保安官による言葉で、心情、危機感、愛情といったものが、とても平易な文体で綴られています。事件の顛末だけでなく、背後にある資源問題、法制度、教育やメディアの姿勢、歴史への敬意などに対する思いなども簡潔にまとめられていて、会見のビデオを見ても分かるとおり、論理的構成も明瞭で、特別な予備知識無しに、だれにでも理解できる内容と思うので、普段興味のない人にこそ、手にとってもらいたいと思います。
(個人的に、当時ウィキリークスの暴露問題とかぶらせるような報道に、違和感があったんだけど、その点も触れられていたのでよかった。)

ところで、いま僕は顛末(ことの始まりから終り)という言葉を使ってしまったけど、これで何かひとつでも解決されたんだろうか。著者が一番気に掛けているとおり、「わが国のかけがえのない領土の問題」が、いつの間にか「内部資料を暴露して世の中を騒がせた犯人探し」にすり替わってしまい、もう世間では過去の話題になってしまった感すらあるけど、中国は謝罪どころか、賠償を求めてきてるというなかで、海保の皆さんは、今日も明日も任務に就かなければならないわけです。国民が正しい知識をもってサポートしなければ、一体どこの誰がわれわれの国土を護ってくれるのかという話なんですよ。
批判や混乱、経済的損失を百も理解した上で、なんでこの行動に及んだのか、その声に僕たちは耳をかたむけて、考えてみる義務があるように思います。

この著書と、先の会見でしか人物像は判りませんし、この行為が100%正義なのかは僕はわかりませんが、海保が一人の有能な人材を無くしてしまったことと、一連の処分の仕方によって、多くの隊員に動揺を残してしまったことは、間違いないと思います。ご本人が望むかは全くわかりませんが、ぜひ国政にでて活躍して欲しいと思います。

何かのために sengoku38の告白 一色正春 朝日新聞出版


関連記事
ホリエモン「なんか問題があります、実際のところ?」 2.07.2011
Luminarie 2010 11.13.2010

2.13.2011

RX-99 NEO GUNDAM(checking)

RX-99 NEO GUNDAM(checking)
RX-99 NEO GUNDAM(checking),
originally uploaded by 5thLuna.
中東情勢がおもしろい。相撲とかいいからずっとそっちやっててくれないかな。

連休は帰省(すぐ近くなんだけど)してるので、作業進捗はなし。
そろそろSDも再開したいなあ。次のお題は決まってるんですが、さすがにこれ以上途中ほったらかしを増やすわけにもいかないし。
なんで放ったらかしが多いのか、改めて宣言しますと、ひとえに塗装が大嫌いだからです。それだけ。

実家さきのホームセンターで、物資補給してきました。

リーマーはやっと見つかりました。大きい穴を開けたい時、困ってたのでたすかる。ピンバイスがけっこう手が疲れるので、ルータも買ってみた。電源コード型と電池型と迷ったんだけど、まあ1000円くらいのもんなので両方買ってみました。模型工具コーナーよりは、ホームセンターのほうがよさげなのが見つかったりしますね。

Materiel Supply

2.07.2011

ホリエモン「なんか問題があります、実際のところ?」



【論説】「中国とか北朝鮮が日本に攻めてくる訳ないじゃん」~朝生のホリエモンに感動した~天木 直人★3[02/06]

こういう記事が目に止まりまして、参照リンクのビデオを見てはみたんですが。
何を言っても許されるっていうのは、本当に凄いことですね。。誰よりも日本の安全を存分に満喫(寄生?)しながら、必死でそれを破壊しようとしてるんだから、おそろしいというか滑稽というか。
自分の子どもが、中学生過ぎてもまだこんなこと言ってるようだったら、親としてぶっ飛ばしてるでしょうね。

左翼は絶滅する手前で、サヨクに転化して生き残ったけど(そして相変わらずあほだけど)、おもえばこのホリエモンみたいなのが、そのカウンター的に究極に進化したカタチなのかもしれないですね。此処で言ってることだけ聞いてると(ちなみに著書は読んだことはないし予定もない)、ほんと「得体が知れない個体・アンノウン」としか言いようがない。リベラルもラジカルも超越した、イノベーターだ。
番組全編は見れなかったんだけど、基本的にここを見ててすぐ気づくのは、この何人かの人たち(共通項としてツイッターが、フェイスブックがとか言ってる標準より太った人たち)「あーこのひとが知識ないのになんでこんなに必死なんだろ」ということです。勉強してから喋ればいいのに、なんで日本の歴史も知らない、国際政治も分からない人間が、ちょっとインターネッツやってるくらいで必死で安全保障を語ろうとするんだ?金美齢さん呆れて議論にもなってないよ。猪瀬副知事は、貴重な納税者だからか、ちゃんと議論してあげようとしてたみたいだけど。


「中国や北朝鮮が攻めて来るわけがない」
「来てもいまどき何の得もない」
「国連軍や国際社会がゆるさない」
「(北朝鮮は)日本に対して何もやってないじゃない」
「(国連軍も米軍も来てくれなかったら)明け渡しちゃったらいいじゃない」
「なんか問題がある、それで?やっちまえばいいじゃない」
「なんか問題があります、実際のところ?」
「国土が侵されてなにかまずいのかっつってんの!」
「漁業権買えばいいじゃない、中国から」
「沖縄みたいなものをわざわざ占領して、何の得になるんですかっつってんの」
「ツイッター革命とすごく密接に関係してる!」
「アメリカが助けに来なくたって、ゲリラ戦でみんなやるんですよ結局は。」
「沖縄の人民もみんなツイッターとか持ってるんですよ」
「じっさいにあげちゃってもいいよって言ったって、中国はいらねえよって言いますよって話」
「尖閣はいいよ」
買えばいいじゃない。金出したら売ってくれますよ


ビジネスで成功した人を、拝金主義だのマネーゲームだのレッテルを貼るのは、いちばん嫌いだからこう言うのは見たくないんだけど、それ以上に何より、教養がなさすぎるのが哀れだ。
この人は、17人の拉致被害者や、2000年以後でも増えつづけてる200人以上の特定失踪者のことをどう考えてるんだろう。遠くはなれた領海、領空で命をかけて国土防衛してくれている保安官、自衛官、もしもの時のために訓練を続けている自衛官に対して同じことがいえるのかな。今日の日本をつくるため戦死した260万の靖国の英霊が、聞いたらなんと思うだろう。

フェイスブックやらでグローバル市民に革新したつもりかもしれないけど、自分の国に敬意を払えない人間が、海外に出て尊敬して接してもらえるわけはないんだよ。いったい何の話するつもりなんだ?

ノドンがとんできてから「ソレスタル・ビーイング助けてなう」とかやるんだろうか。 


2.05.2011

VF-2SS VALKYRIE II + FRAME ARMS(61%)

今週は早寝気味だったんで、久々の深夜作業になります。さむい。
VF-2SSは、だいぶ大掛かりな作業になってきました。といっても、じつは結構「やりなおし」の割合が多いんですが。最近自分でもそう気づきました。
かなり熟慮の上で、工作を進めてるつもりなんですが、やっぱり戻す的な作業が多かったりします。

この写真では、初めの方からずーっと気になってた、胸部上の、えり?っぽいところを、見てのとおり、思い切って切断して寝かせてみました。これはいちおうメサイアのデザインをヒントにしてます。なんでこうしたかっていうと、べつに前回までの、ピンとたった状態でもおかしくなかったんだけど(VF-2SS自体がそういうデザインだし)、どうもあれだと、ほとんどの角度からフェイスが隠れてしまって、見せられる角度がかなり制限されるためです。
やっぱりフィギュアは視線が顔から行くので、いくらスタイルが良くても肝心の顔が隠れてしまうってのは、良くないんですよね。現にこうしたことで、写真は取りやすくなった気はします。

とはいえ、、正直カッコ良いとは言えないなあ。。メサイアのイメージと違うのはなんでだ?また戻し工作が必要かな。。

2.01.2011

MSZ-008 Z II(checkking)

MSZ-008 Z II(checkking)
MSZ-008 Z II(checkking),
originally uploaded by 5thLuna.
なんか最近じわじわと、手塩系SD(←おい)も広がりつつあるのかなと感じたりします。オラザクの1等賞もかっこいかったもんね。あれ自分としては、なにより「紫色」にやられたーと感服しました。ぼく紫好きなんで、V2でも我慢して、どれで使おうかと取っておきだったんですが、、あんなうまいの見たら、もう使えないなあ。配色センスのあるモデラーさんは、尊敬しますね。

それはそうと、SDシナンジュでるらしいけど、メーカーはもうちょっとでも三国伝のリソースを分けてくれないんですかね。知ってる人は知ってると思うので詳しくは書かないけど、あっちのナイチンゲールはすごいもんね。あんなのに負けてたら駄目だ!

と、久々のSDトークですが、じつは今年に入ってさわってません。いまはバルキリーいじってるのが楽しいので。ちょっとネタバレとしては、ゼッツーが、さすがに今見ると大味なので、先日仕入れた、エルガイムMkII旧キットを使って、補修してみようかなとか考えてます。

ことしは完成させるぞ。

VF-2SS VALKYRIE II + FRAME ARMS(61%)

大きくしすぎた肩幅を、狭く戻すのが大変でした。(真鍮線うめた後だったんで。)あとスネにもシリンダーっぽいものを加えてみたり、まだまだ当分楽しめそうです。