*政治的な内容を含みます。ご注意を

6.28.2011

原発事故から3ヶ月 "原子力が支える村"...六ヶ所村の真実 ドキュメンタリー宣言(6/11)

「工学的に無理」とまで言われた、もんじゅの事故処理が、無事成功したとのことで、関係者の方はお疲れさまでした。じゃあ今までのは何だったのと思わないでもないけど、とにかく常陽先輩が待ってるんで、さっさとこちらもお願いします。

さて非常に憂うつなんだけど、密かに恐れてた事態が発生しましたよ。。あっては欲しくなかったけど、僕たちの小出先生から、トンデモ過去論文が飛び出してきました。分かる人はわかると思うので、詳しくは書きません。
左派は関係ない政治問題にリンクさせるべきじゃないし、右派は、左翼が大騒ぎしてるだけと決め付けるのも良くないし、無関心など問題外だし。とにかくこれだけの事態を招いてるんだから、イデオロギーとは切り離して、国の行く末をちゃんと皆んなで考えないと。。

僕自身はこんな馬鹿げた虚構からは、やっぱり一日でも早く抜け出すべきと思ってるんだけど、容認・維持の言い分を聞いてみると、だいたいこんな感じかな。

・電力不足で産業打撃、工場などの海外流出、雇用の消失。。
・ヒステリー起こしたって、結局原発を補うだけの発電手段がない
・喫煙のほうが有害/まだだれも死んでない/昭和30年代に戻る/だったら電気使うな。。

麻生元首相、自然エネ普及を恫喝!?「原発停止で電気代10倍」
自民党の町村氏 「脱原発」姿勢の札幌市長を批判

いろんな意見があっていいと思うけど、「原発イヤなら電気使うな」はおかしいだろ町村さんよ。(笑)政治家向いてないんじゃないの。この中で、

泊村など原発周辺4町村で運転継続を望む声があるとして「地元がむしろ冷静な判断をしていることに注意を払う必要がある」と訴えた。

これがこの問題のめんどくさいところで、普通の人はただ「電気」が使えればいいだけであって、だれも「ウランやプルトニウムでお願いします!」なんて一言も言ってないんだよ。ようは、何としてでも原子力じゃないと、カネが回ってこなくて困る連中がいるだけの話。自民党は電事連と、民主党は電力総連(労組)と繋がって、どっちにしろ路線に従って地方に金を撒く。いちど受け入れて、莫大な補助金に慣れてしまうと、もう抜け出せないアヘンと同じで、だから「早く再開してくれ」「後継機を増設してくれ」「プルサーマルもやってくれ」という話になる。
何も分からない一般市民にすれば、漠然と、原発のリスクを地方に押し付けてるような後ろめたさを感じて、積極的な発言を控えるようになる。

原発再開「国が全責任を」 : 佐賀: YOMIURI ONLINE(読売新聞)
玄海原発(佐賀県唐津市)2、3号機の運転再開に関して、「国が全責任を負うことを明確にする」などを求めた原子力行政に関する意見書を全会一致で可決


電力会社に管理責任、国に審査責任があるのは当然だけど、住民の安全を守るのは一義的には自治体の責任じゃないのかね。「安全が確認されたからもう安全です。」じゃなくて、それでも事故が起きたときにどう対処するのか、非難防災計画の責任が自分たちにないとでも思ってるのだろうか。

弱者は常に真にあらず。なんでも「かわいそうな地方」前提で考えると、問題の本質が見えなくなる。

【ニュース速報…福島第1原発事故】福島、福井、宮城県知事、原発マネーに未練タラタラ 47トピックス - 47NEWS
■原発マネーに未練? 佐藤雄平知事、全原発廃炉は明言せず(6月29日)【福島民友新聞】
■「脱原発」提案に宮城県反対へ 東北電きょう株主総会(6月29日)【河北新報】
■「脱原発」に知事同調せず  エネルギー多角化重要と見解(6月29日)【福井新聞】
■京都市が反対の意向 関電原発廃止、株主提案(6月29日)【京都新聞】
■川内原発再開 薩摩川内市長が条件付き容認意向(6月29日)【南日本新聞】
■九電株主総会 脱原発の4議案を否決(6月29日)【佐賀新聞】
福井のクソ知事は、「関西の電気は若狭湾のおかげ」のような発言をしてるけど、のぼせ上がるのもいいかげんにしろと言いたい。都会に危険な原発を押し付けられた、かわいそうな地方が聞いて呆れるな。


容認だとか言ってる人たちは、今の福島の惨状をどう見てるんだろう。汚染水が解決できたら、もうおしまいとでも思ってるのかな。阪神大震災なら、10年経って「あんな辛いことがあったね」と振り返れるけど、放射能漏れ原発事故の場合は、10年経っても元の場所には戻れない、健康被害がどんどん出てくる、海産物だって生態系で濃縮がすすんで被害が拡大していくし、そういう意味で言えば、「本当の被害はまだ始まってすらいない」と言うべきなのかもしれないけど。


一人当たりの所得が1300万円の村って。。



読んだ本
チェルノブイリ・汚染大地 5年目の報告 朝日新聞社(1990年)
関西電力の21世紀戦略 電力事業の可能性を広げる 大野誠治(2000年)
太陽光や風力などの自然エネルギーへの怨念すら感じる(笑)。そこまで懸命に否定する理由は、ようするに危険な原子力発電の存在を脅かされるからにほかならない。今だからこそそういう見方をできるけど、福島第一の事故がなければ、このまま受け入れてただろう
トコトンやさしいバイオエタノ-ルの本 坂西欣也/澤山茂樹(2008年)

6.13.2011

Ustream.tv:岩上安身 環境エネルギー政策研究所 飯田哲也氏インタビュー(5/26)

 6月11日に、神戸元町で、京大小出先生の講演があったので、行ってきました。広くはない会場でしたが、かなりの人で、外から立ち見状態でした。内容についてはすでに理解しているつもりだし、この方の話は、決して「こうすれば安心」「過度な心配なし」というものでは全くなくて、結局「とてつもない事態が進行している」ということを、淡々と思い知らされるだけです。解決策も妙案も、一切ありません。
にもかかわらず、こんなにも多くの人の関心を集めているのは、「原子力を守ろうとする原子力の専門家」たちの言葉とは比べものにならないくらい、「原子力の危険性から人間を守ろうとする原子力の専門家」の放つ言葉が、圧倒的に心に響くことが、間違いなく一つの大きな理由だろうと思います。

「3月11日の前と後で、この世界はまったく変わってしまったことを、受け入れなくてはいけない。」


一体どれくらいの人が、そういった意識を共有できるんだろうか。。
今後数十年単位で、どれだけの健康被害が「日本全国で」出てくるのか、福島の土海でまた生活できる時が来るのかは、だれにも分からないけれど、少なくとも同じ悲劇は「絶対に」繰り返させてはいけない。その責任は、他のだれでもないわれわれ自身にあるのだとおもいます。

「地下原発なら福島の事故は起きなかった」原発推進派の山本拓・衆院議員が異例の会見 - BLOGOS編集部 - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース

石原幹事長:「集団ヒステリー状態」と発言 原発見直しで - 毎日jp(毎日新聞)



ISEP飯田氏。テレビにはよく出てるので、見たことある人も多いと思います。(孫さんに自然エネルギーの知恵をつけた人です。)
自然エネルギー研究では国内第一任者と言えると思うけど、あまり日本では自然エネルギーは良いイメージはないですね。コストやパワー不足など負の面がとりあげられて、「頼りないという印象」がありますが、ただこれも、「つくられた原子力神話」の被害者的な側面もあるようです。

自然エネ云々は、ぼく自身まだ勉強が足りないんだけど、それよりもこの人の話は技術論以上に、日本のエネルギー政策の内幕を、非常に分かりやすく体系だって解説してくれるので、その意味でものすごい勉強になります。インテリって、こういう人のことをいうんだろうな、と結構ファンです。




YouTube-"原子力のお値段"に隠されたカラクリ



読んだ本
ドキュメントもんじゅ事故 読売新聞科学部(1996年)
もんじゅの事故(事件)だけでなく、日本の原子力政策史、核燃料サイクル計画などもよく分かります。
(参考)
YouTube-もんじゅ臨界~原発は何を地元にもたらしたか?~ 1~6
1995年ナトリウム漏洩事故直前のレポート。キャスターが現大阪平松市長だったり、設計インタビューで若き大前研一がでてきたり、貴重なビデオ。


原発関連のポスト
http://5thluna.blogspot.com/search/label/原発問題

6.07.2011

隠された被曝労働〜日本の原発労働者〜 (1995年イギリス)



現実の社会はあちこちで、下層労働(というか現場というか)にはそれなりに負荷がかかってるわけで、この原発労働者だけをことさら取り上げて、これは許されん!というのもフェアではないけど。ただ放射能被爆というのは他の労働にはない特殊性なのは明らかだし、わざわざそんな厄介な「原子力」などに手を出さずとも、電気くらい別の方法で起こせば済むはずなのに、そんなにしてまでこの社会は、原発に頼り推進する必要があるんだろうか。それが国民の総意なんだろうか。


読んだ本
核に汚染された国 隠されたソ連核事故の実態 アンドレ-イ・イレッシュ/ユ-リ-・マカ-ロフ (1992年)
このタイトルから、誰でもまずチェルノブイリ原発事故(1986年)のことを想像すると思うけど、この本にはそのことは(あえて)殆ど触れられていない。それ以前に、ソビエトでその他の数えきれないほど繰り返されてきた、原子力関係の事故、核関連廃棄物の環境投棄などが数多く記されている。グラスノスチでかすかに見えてきた情報を頼りに、取材されたものだけど、当然ながらこんなのはほんの氷山の一角にすぎず、全容は計り知れない。
国民の安全や健康など気にもとめない、旧ソビエト政府の鬼畜っぷりには、怒りを感じるけど、福島第一事故の対応ぶりを見ていると、21世紀の民主主義国の日本国政府もたいして変わらないことに、愕然とする。

YouTube - 核の清算-さまよう高レベル放射性廃棄物(2006) #1



原発関連のポスト
http://5thluna.blogspot.com/search/label/原発問題

6.03.2011

YouTube -【原発討論】推進派vs反対派 小出裕章氏(京大助教)

トラフィックログによると、原発関連検索から、とんできてくださる方が増えてきてるようです。
普段は模型製作を少々嗜んでいるのですが、やはりこれはそれどころじゃないぞと。震災もそうだけど、それ以上に、この原発産業の仕組みとは、一体なんなんだと、今まで何も知らなかったけど、こんなことが許されていいのかと、皆んなはこんなこと知ってるんだろうかと、そんな思いから原発問題集中モードでお送りしています。

「小出」の検索キーワードが結構見られます。もはや説明不要と思いますが、原子力専門の研究者でありながら、40年間も反原発を訴え続けてこられたかたで、福島第一事故以来、おおきな注目を集めています。大変な論客で、もともとその世界では有名だったのですが、ぼくはもちろんこの事故で初めて知りました。
反原発と言っても、いわゆる「左翼」とは違うし(政治はキライとのことですが、イデオロギーについて話されているのを聞かないので、詳しくは知りません。)、「危険厨」とももちろん違います。
一貫して、「これくらい危険な事態に陥ることだって無いとは言えない。それくらい大変な事態が進行している。」ということを訴え続けておられます。

そして、これこそが、多くの国民が今いちばん求めている説明なんじゃないだろうか?小出先生のシビアな解説を聴いて、パニックになったひとを未だ知りません。
ひとは信じたい情報を選んで信じると言うけど、つまり大丈夫だよという回答が本来ほしいものなんだけど、それでもこれまでの政府の発表が、とてもじゃないが信頼できないのは、だれの眼にも明らかです。

”その時点で出ている、さまざまな状況から
判断したうえで申しあげれば、
現時点でただちに影響が出る可能性は、極めて少ない、
というふうなことでございます。
ただし、今後の見通しについて、
私は断定的なことは、この間、申しあげてきておりません
し、
現時点においても、今後の状況については、あらゆる
可能性を想定して、今よりも当然、原発の状況が良く
なることを期待して、その最大限の努力を政府として
もしておりますが、状況が悪化して必要があれば、
そのことについての情報データの公開は常に続けるとともに、
必要があれば、その指示を今後とも政府としてしっ
かりやっていきたいと、いうふうに思っております。
こういった立場を、ぜひ十分ご理解いただければと、
いうふうに思っております。”(枝野官房長官


何を言ってるのかよく分かりませんが、すでに錯乱しているのはよくわかりました。ありがとうございました。

小出先生のビデオについては、「熊取六人衆」をはじめ幾らでも検索にかかると思いますし、右の「非公式まとめサイト」でもウォッチされているので、ぜひ毎日参照してください。下のビデオは、たしか僕が小出先生を知る切っ掛けになった番組を紹介します。3月25日放送なんで、事故から2週目くらいです。

YouTube - ビデオ・ニュース・ドットコム「あえて最悪のシナリオとその対処法を考える」【Part1】
「レベル5?フフッフ絶対にありえない。本来L7と言わなければいけないのです。」

Part2にも出演されてます


YouTube - 平成17年12月25日「プルサーマル公開討論会(佐賀県)」
この東大の大橋教授はいまどこで何をしてるんでしょうか?
「今や格納容器破損が起こる確率は、1億年に1回です!!!」

1~3まで必見です。


迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち 危険性を訴えたら、監視・尾行された | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]


原発関連のポスト
http://5thluna.blogspot.com/search/label/原発問題