*政治的な内容を含みます。ご注意を

8.28.2014

SDクスィー ガンダム(30%)

くっそ。。「SD ガンダムMK-2 作りたい病」がまた襲ってきた。。長年の格闘なんで、イメージだけはそうとうかっこいいやつができてるんですが、とにかくまず今あるやつを完治(完成)させないと。類似症状に、「ソードインパルス病」とか「ダークハウンド病」や、さらには「ワンピース 偉大なる船(グランドシップ)コレクション病とくに海軍のやつ」もあります。




今回このクスイガンダムは、いつもと違ってキット素体をベースにして、工作を進めています。このやり方は、かなり初期にSDパーフェクトガンダムを作って以来だったかとおもいます。 以前は無理があったんですが、SDでも近年ウィングアーリー型が出たころから、かなり製品の出来がよくなってるので、HGを使わなくても表現力はなんとか増やせそうです。実地の作業(やること、やりかた)じたいはほぼ同じです。私はパテよりもプラ版で何とかしたい方です。




ああ肩はHGでした。こういう隠れるところ、記号にならないところは何でもいいことにしています。
身長が高いかもしれませんが終盤で判断して調整します。この画像が最新ではないんですが、ここから明らかに追加工作が必要な箇所としては、前腕が短い(それにあわせて上腕を短く)/黄色いところ、前胸の出っ張りが大きすぎる/アンテナの大きさ、角度/足首の甲をもっとスリムに、といったところでしょうか。この前腕にはディテールの切れ目がないから切断したくないんですが、在庫に適当なやつもなく、やるしかなさそうです。



うしろまわりが貧弱なんで、プラ版で迫力増しが必要です。肩の三角巾が最大の記号なんで、ここの処置でかなり印象が変わってくると思いますが、まだ決めかねています。




借り物画像。ロボット魂かな。うーんこのムササビ機構はいらないなあ。。


ボークス三宮でまたビルドファイターズ記念コンテストがあるのを知ったんですが、残念ながら間に合いそうにないです。というか、あのドレッドノートですが、もうちょっとかっこよく立たせたいなあ。。あれではちょっとはずかしくて。。

8.10.2014

ミニ四駆 セイントドラゴン完成。

セイントドラゴン完成してました。
古いモデルは、シャコタンするだけで印象がかなり変わるんで、やりがいがあります。ちなみにこれは、最近再販されたやつでなくて、数年前にまんだらげで見つけた中古の赤セイントドラゴンです。

MINI 4WD SAINT DRAGON Jr.


解説、というほどのものはありませんが、



リアの止めるところを、ガンプラ工作でいう切り詰めをして、裏からプラ版で補強しています。竜の角(ツノ)?とのころはパテで盛り上げてボリュームを出しました。それと別の写真では見えるかもしれませんが、ボディのわき腹の部分は、下まで包み込むように?プラ版で延長工作しています。製作中のリバティエンペラーでもやってるんですが、もともとの発想はF-35戦闘機からのイメージです。といっても何のことか伝わらないと思いますが。
グラデーション塗装は初の試みですが、相変わらず塗装は大嫌いです。



次はエアロ・ソリチュード。フロントモーターは初めて作ります。実戦レースにはこっちのほうが向いてるように思えますが、速さに差はあるのかな。
こいつもシャコタン処理を施しています。タイヤホイールを市販品に変えてみたけど、ぜんぜん似合わない。昔あった、ワイドタイヤとかローハイトワイドタイヤはもう売ってないのかな。F1みたいでかっこいかったのに。今は、スポンジタイヤ自体、流行らないみたいだからなあ。

Pinterestで見つけた画像。
どこのどちらさまか存じ上げませんが、次元が違いすぎる。。