*政治的な内容を含みます。ご注意を

12.30.2015

ミニ四駆 シューティングプラウドスター

クリスマスに子供のミニ四駆を作りました。

  MINI 4WD SHOOTING PROUD STAR

シューティングスターめちゃくちゃかっこいいです。読んだことないんですが、四駆郎の続編をシャーマンキングの人が描いてるそうです。メカもデフォルメっぽいキャラデザインもうまいし、ザウルス先生の意思を継ぐにはぴったりじゃないでしょうか。

あの80年代のタミヤ・バギー全盛期を記憶する世代としては、近年のタミヤのカーデザイン劣化、過去のレガシーの改悪後継車、色違いのマンネリにはずっと残念に思っていました。武井氏ならあの時代の香りを残しながら、独自センスの新風を吹き込んでくれると期待します。


MINI 4WD BIG BANG GHOST

タイプなにシャーシっていうのか知りませんが、かなり洗練されてるのが一目瞭然です。
私は今のレース用のチューンのことは知りませんが、新型シャーシを見るになんというかスキがなさすぎて、私としてはクラシックなベースのほうに愛着が持てます。ガンプラでも、RGみたいのよりは旧キットや初期HGに手を加えるほうが楽しいほうなので。


MINI 4WD BIG BANG GHOST

ちなみに技術の話をするなら、いい加減あの「シール」をどうにかするべきじゃないですかね。キャノピーくらいは別スモークパーツ化するとか。たしかワイルドミニ四駆はそうじゃなかったっけ。

まあこの世界は、私なんかがうだうだいうよりも、とにかくちびっ子たちに戻ってきてもらうことが最大の課題でしょうね。大人買い商法も戦略の一つかもしれないけど、子供がお小遣いの範囲で創意工夫して、熱中できるようなホビーを提供してもらいたいものです。長い目で見れば、マーケットを健全化してブランド維持するほうが重要じゃないでしょうか。私らにとって、田宮模型は永遠のあこがれですよ。


basketball boy

今日は年内最後の朝練でした。
寒くなりましたが、風さえなければ結構平気です。
バスケのほうも、ちょっとづつ上達が見えるようになりました。ボールを飛ばす力はまだまだ足りないので、初めのうちはハンドリングがより重要と思います。冬休み中に、レッグスルーができることが目標です。





12.16.2015

ひたすら上手に、そしてカッコよく!

朝練の一コマです。
二人でラリーするには、やはりまだまだです。
本当に技術が試されるのは、各上の上級者に立ち向かう時よりも、格下の練習相手になってあげる時ではないかと思います。私はいつも自分自身の練習だと考えて、最大限の集中力で臨んでいます。それと同じことをいま時点の兄君が、弟君にできるかというと、さすがにまだまだ技術がたりません。二人でラリーになり始めるのは春すぎごろと見ています。

tennis boy

静止コマなんで、どう伝わるかわかりませんが、4歳児のスイングにしては悪くはないと思います。(両手打ちではなく、片手フォアを左手でキャッチしているところです。)ちゃんとボールがフェンス上を越えて、まっすぐ飛んでるのがわかると思います。

最近は本職コーチでも「子供にはグリップもフォームも教えません!」みたいに言う人も増えてるようですが、、、たぶんそういう発想は、

フォームを教えこむこと=こどもの個性や自由な発想を無視して、固定観念で画一的な指導を押し付ける

という文脈で語られていることがほとんどのように感じます。

そういうケースが無いとは言わない(部活の古い顧問とか)けれど、じゃあこどもにひたすら実戦を繰り返させ、勝利のメンタリティを植え付ければ、天衣無縫に上達していくかというと、それもまたちょっと殺伐とした感じがします。
とにかく最近では、プレイ&ステイが全盛のようですが、打ち方もままならないうちから、ハゴイタ打ちで上からサーブが入ろうが、ボールの突き返しあいが何十球続こうが、たぶんそれはテニスにはならない、というか、めちゃくちゃ遠回りな気がしてなりません。まあ、大人はこどもを対決させるのがとにかく好きですからね。


フォーム指導に抵抗がある人でも、「 狙ったところに"楽に"飛ばす打ち方を教える 」と言い換えれば、受け取り方も変わってくるんじゃないかと思います。テニスは(少なくともショットにおいては)道具を使った物理の話なので、そのやり方、共通解はとっくに出ています。個性とか改良とか必殺技は、基礎を身に付けた後にいくらでも取り組めます。


tennis boy


もちろんこどもにあまり難しいことを言っても逆効果なので、私の場合とにかく
「こうやったほうがカッコいいよ。」
「そうそうフェデラーみたいでカッコいい。」
「そんなのかっこ悪くておばちゃんテニスみたい。」
というふうに、カッコよさを基準にインスパイアします。全国のおばちゃんプレーヤには申し訳ありませんが、かっこ悪いものを参考にする理由は何一つありません。スポーツですからね。

カッコよければ=体の使い方、ラケットワークがヘンじゃなければ、ボールは必然的に飛んでいきます。あとは、慣れ、練習の問題です。しかし、持ち方、打ち方がおかしなうちは、いくらスーパーショットでポイントが取れようが、次につながるのかは疑問です。




当たり前ですが、「どう打つか」というのと「どう勝つか」というのは、全く別次元の話です。そういう話はまあそのうち考えるとして、しばらくの間は、「テニスが上手な子」を目指して、技術を磨いていこうと思います。親子テニスですからね。

わが子がこんなシングルバックを打てるようになったら、それだけで感動するでしょうね。




basketball boy


ひそかに私は最近バスケのほうが面白いと思い始めました。



12.01.2015

ミニ四駆 エアロソリチュード ブーメラン・10

休みの日には、子供らとバスケやテニスの練習をして過ごすんですが、先に友達が誘いに来てくれて出かけてしまったり、体調を崩して外に行けないときには、とたんに(私が)退屈になってしまいます。まだ小さいうちだから、おかしなわけでもないと思うけど、少しづつ子離れもしていかないといけないな。そもそもミニバスチームに入れたのも、テニスでべったりにならないよう、子離れの始めのつもりでしたからね。


退屈なんで、久しぶりに模型を出してみました。

MINI 4WD aero-solitude(WIP5)

エアロソリチュード。タイヤをカーモデルの別売りパーツのものに代えてみました。車高が落ちていい感じです。


MINI 4WD BOOMERANG-10 GPA(WIP3)

ブーメラン天(10)。ギリギリまで車高を落としたり、スジ彫りなどを入れたりしました。なんかこう、もう一つアクセントがほしいところです。

久しぶりにやると模型も面白いですが、やっぱり外で運動してるほうが好きですね。夜に製作できればいいんですが、なかなか手が動きません。気合い入れて、久々に年内一つでも完成させようかな。