*政治的な内容を含みます。ご注意を

3.18.2016

【転載】硬式テニス部ある中学校は1割…錦織人気の陰で後進に壁

朝日新聞(3/17)から。
http://www.asahi.com/articles/ASJ2R4R9FJ2RUTQP00M.html
錦織時代以降に限らず、昔から定期的に出てきては消えていく軟式テニス部ネタです。
我が家は、中学に進むまではまだしばらくありますが、それまでにこの問題が進展するとも思えませんし、たぶんこのままいけばバスケ部を選ぶんだろうなとは思ってます。まったくテニスをやめてしまうわけでもないだろうし、私としても口をはさむつもりもありません。

が、、それにしてもやっぱり、一所懸命テニスを続けたい子らにしてみたら、本当にかわいそうですよね。

よくもまあ、硬式の黄色ボールは青少年の体に負担だとか、長年へ理屈言ってきましたよね。この記事読む限り、「全国大会が開催できないならテニスはさせない」としか読めませんが。なんだその理屈は?
別に、一部の人が言うみたいに、日本のテニスが世界で通用しないのが、軟式テニスのせいだとは私には思えませんし、部活動から安易にプロの話に結び付けるのもどうかとおもいますが、そんなことよりとにかく全国の中学校で、軟式テニスがコートを独占して、硬式は活動さえさせてもらえないという長年の慣例?には、強い疑問を感じざるを得ないですね。

たとえば
ゴルフ場をゲートボーラーが独占したら?
柔道場を百人一首部が占領してたら?
スケートの練習をしたいのに、ワカサギ釣り部が占有してたら?
そりゃあ気分悪いでしょう。


結局中学校軟式テニス部というのは、
本来テニスをやりたかった子供らを我慢させて、あるいは、
硬式と軟式の区別もつかない、これから始める子供らを騙したうえで、協会組織の延命をはかっていると言われても、仕方ないんじゃないだろうか。

はっきり言って、軟式テニスってもう使命を終えてると思うんですよ。おっちゃんおばちゃんは勝手にすればいいですが、少なくとも子供らにはちゃんとしたテニスの選択肢を与えてあげるべきでしょう。もし軟式自体に意義があるなら、まず全国の公立中学校の部活動に、公平に硬式テニスでの部活動を認めてから、どれだけ部員を確保できるかを見てみることですね。それがいちばんフェアで義務教育における部活動の趣旨に沿っているものと思います。


01 2016-03-18 16.02


今どきの小中学生って、ボルトに憧れるのか。。それもなんかすごいな。ステファン・カリーは、日本では厳しいのかな。もうすぐ日本でもバスケブーム再来すると思うんだけど。

3.02.2016

ラケットディスプレイ完成したしそろそろ試合の準備かな

20150525-IMG_1455.jpg

 見る人によっては、いろいろと物語って見える一枚ではないでしょうか。。
と思いきや、ネットを挟んでの構図ではなく、隣同士のコートみたいですね。
私の場合は、競技といってもしょせん弱小部活動でしたので、大げさに言うほどのことは何もありませんが、それでもこの写真だけ見ても、いろいろ思い出されることもあります。



NIKE for tennis boy

 このシューズ自体オークションだったと思いますが、これまだ補修しますよ。(もちろんほかにも靴はありますし、学校にはちゃんとしたやつで行ってます。)なんというか、自作とか修理とか修復というのが個人的に好きなんです。



kids tennis racket

 例えば先日破損で卒業したファーストラケットは、かねてよりの計画通り、ディスプレイケースを自作して玄関に飾ることにしました。アクリル板ならもう少しいい感じになったと思うんですが、このサイズだと結構な値段がしたんで、類似素材で代替。まあまあな出来です。



 テニス5、バスケ4、サッカー1 くらいの割合でしょうか。私の時間が許す限り、休みの日は外で遊ぶようにしています。バスケはミニバスチームに所属しているので、当然その面ではテニスより優先します。

そのテニスは、朝練も1年続いてますし、まあサーブはもうしばらく時間がかかるにしても、ゲームカウントを覚えれば、十分大会に出せるところまでは来てると思います。
何もわかっていない本人的には、試合にも出てみたいらしいですが、はっきり言って私としては、「その世界」にはあまり立ち入らず、気楽にやりたいほうです。。とはいえ客観的にどれくらいの実力があるのか、親としては気になるのも事実ですし。複雑な心境です。

見た目的に「目立つ」レベルであるのは、これは確信してます。この年で片手バックのスピンなんかビュンビュン決めますから。ただ実力は見た目とは一致しませんし、あとは本番の難しさ、もっと上の存在を思い知ることが必要なのは確かです。これまでの取り組みを見てる限り、ちょっとやられたくらいで、もうやりたくないと言い出すとも思えないし、結局は親の問題なんでしょうね。