*政治的な内容を含みます。ご注意を

4.14.2016

無事に入園式を迎えることができました

健やかに育ってほしいものです。

入園式


 上の子の時も確か書きましたが、私にとってはこういう式での日の丸掲揚・国歌斉唱は、子供のころまったく経験がなかったもので、わが子の成長を別としても、感慨があります。
よくニュースなどで、起立しない教師がいると時々話題になりますが、私の育った環境では、誰が立つ、誰が歌わないなどという、生半可なものではなく、日の丸君が代の存在自体が、一切、完璧に消されてましたから。もちろん子供の頃ですので、それがおかしいことだなんて、気づきもしません。親も特に何も教えてはくれませんでした。
今ではどうなんですかね。橋本市政もありましたし、正常化されているんでしょうか。


study Ohanami


4月からは日記もスタートしています。オムツのころに始めたテニスも、順調に兄を追いかけています。弟なので、あらゆることが、上の子よりも1年半ほど早い感じがします。

tennis boy






4.08.2016

ヘッド i.プレステージ リペイント計画

何度か記事にもした、i.プレステージですが、塗装のハゲが気になってましたので、リペイントしました。 じつはこれ、初期分の塗装の弱さは有名なヤツなんです。今でも使っている人いるのかな。
すでに以前にも一度リペイントしてたんですが、エアブラシで塗膜も薄かったので、今回はラッカー缶スプレーで、厚めに吹いときました。

まずはサンドペーパーやスポンジヤスリなんかで、劣化した塗膜を削り落とします。

Head i.Prestige Mid  Head i.Prestige Mid
100均で買ってあった黒スプレー。小さなガンプラのことを思えば、こんなマスキング楽勝です。


Head i.Prestige Mid
ツヤ消し吹いて完成。『i.Prestige』のロゴとか、スペックメモ表記は消えてしまいましたが、まあいっか。なかなかシブくていい感じです。

 プレステージといえば、プロスタッフと並んでツアーモデルのツートップというイメージがありましたが、近年、露出が少ないように思います。チリッチとかフリッツですかね。
最新モデルは黒ベースでカッコいくなってますね、私は赤が好みですが。



 これも以前にも書いてることですが、
私は何が嫌いって、ラケットうんちくな人ほどカッコ悪いものはないと思っており、まあよっぽど過酷な競技の道を邁進してるなら別ですが、基本ラケットなんかなんでも(それなりに)使えるし、それで「語るほど」技術に差が出ることなんか、ないでしょ(笑)と思っているのですが、、先日久しぶりにこのプレステージを使って子供の相手をした際に、初めてちょっとキツイかなと感じさせられました。
真にはまれば、ほんと楽に打てるんですが、攻め込まれると外してしまいます。ちなみに普段はvolklのミッドです。



もう私もトシで技術が劣ってきたのか、、
逆に、やっとラケットの違いが分かるくらいのレベルに達したのか?
あるいは、純粋に子供の技量が上がっているのか。

さて?




3.13.2015 ヘッド リキッドメタル プレステージ リペイント計画



4.01.2016

春休みキッズ・ジュニア練習会終了

外に出すのが2度目となる今回は、都合前回とは別のスクールで、アウトドアの練習会に参加しました。普段コートでやることも、同年代の子供らとやることもありませんので、まあ(ときどきコワい)私のいないところで楽しくやっておいでという、ごほうびです。

今回は下の子もデビューしました。上の子もキッズクラスに回されたみたいですが、そのほうが弟と一緒だし、ジュニアクラスのほうは込み合ってたみたいなので、結果的にたくさん打ててよかったです。


tennis boy

必殺バック。重心が、、右足側に移っていればベストかな。


 相変わらずまったくテニスに関心のない妻と、当の本人たちの談でしか状況が分からないのであれですが、、実は今回は1日だけ、私の夜勤明けと重なり、朝帰宅途中そのまま見に立ち寄れる機会がありました。気づかれないよう遠く外から見てたのですが、楽しそうにやってて何よりでした。どちらのクラスも今回は初心者の参加がほとんどだったようで、うちのちび兄弟は関心を持ってもらえたようです。