*政治的な内容を含みます。ご注意を

6.17.2016

ラケット子供用改造計画

モノを粗末にするのは好きではありませんが、趣味の工作や自作で、失敗して結果的に粗末にしてしまうことはあります。

tennis racket modification #1


以前ブログ履歴に、”大人ラケット 子供用 短縮” みたいな検索ワードがありまして、「あ、あぁ・・・」 とまあ、頭の中でそんな反応をしたのを覚えています。
詳しい背景は分かりませんが(まあだいたいわかるんですけど)、一つ言えるのは、子供には子供用のラケットを与えてあげたほうがいいと思います。間違いなく。


で、それはそれとして、
うちの練習に、仲良しの友達が一緒にやりたいと来てくれるんですが、ラケットが足りません。そこで思いついたのが、上の工作です。
もちろん初心者のお友達には既定のキッズラケット(25インチ)を貸してあげるので、その間長男が使用する分ですが、カラダやラケットの使い方としては、すでに経験者のそれに達しているので、まあ友達参加の遊びテニスで試すくらいなら、多少重くても経験のうちだろうと、判断しました。


tennis racket modification #2 tennis racket modification #3

今では使わなくなった Wilson Pro Staff 7.5 Midplus グラフモデルですが、学生の時最後に使用していたものです。あの時、まさか20年近く後になって、自分の息子に使わせるために加工することになるなんて、夢にも思いません。人生は不思議です。

25インチより、若干長めにとって切断。ずれないように軸を通して、瞬間接着剤で再接続。


tennis racket modification #4

グリップテープ巻くともうわかりません。でもスロートの部分がこんなに違うんですね。切れはしの重さだけでも、結構ずっしり感じます。ノコが通りにくいと思ったら、鉛?の棒が入っていました。

本人曰く、「重さは大丈夫。でもスピンをかけにくい。」とのこと。いいやこちらから見ると、ちゃんと重さにやられてます(笑)。普段ない振り遅れが見られます。ただ、ちゃんと捉えたショットについては、いつもの1割増しくらいの球威になっていました。重い分、うまく遠心力に転換できる感覚がつかめれば、今は十分です。ちなみにスピンうんぬんというのは、ガットのせいと思います。張りっぱなしとはいえ、昔は高めに張るのが普通でしたので、キッズ用のユルさとは、確かに差があるのは当然です。結構わかってやがる。



tennis racket modification #4


【結論】
 子供には、身長にあった子供用のラケットを使わせたほうがいいです。
よその子より先に行かせたくて仕方ない、なんとかして差をつけて勝たせたい、それで大人のラケットを使わせようとする親の気持ちもわからないではないですが、よほどフォームが洗練されてて体格に恵まれているのでないなら、無理なことさせる前に、子供のうちにこそ優先しておくべき練習はいくらでもあります。低学年のうちは、軽いラケットで自在に操作する技術、ボレーボレーとかショートラリーとか、なにより細かいラケットワークのほうがずっと大事です。ばこばこボールぶっ叩くのは、4、5年生にもなれば誰でもできますが、そのときにこそ、それまでにどれだけ基礎が積まれてきたかが差になって現れるものと思います。



6.01.2016

片手バックハンドでいこう

やっと強いガスケを見れた気がします。対錦織でなかったらなおよかったんですけどね。

まだyoutubeなんてなかったころ、フランスに片手打ちの天才が出てきたと雑誌で知って、わくわくしたものです。今はあれとしても、当時はビジュアルもかっこよかったんですよね、細身でキャップを逆にかぶって。
このまま母国を熱狂に導いてもらいたいですが、どこまで行けるでしょうか。(→追記:行けませんでした。。)
片手バックは誰もが認める一級品なんですが、あのうっすい謎フォアで、頭の上でくるっと回す打ち方が、どうにも好きになれませんでした。天才系の片手バック選手って、時としてフォアが残念なケースがあります。アラジとかね。

それにしても、錦織って対戦相手のパフォーマンスを必要以上に引き出して、勝ったり負けたりすることありませんか。あれ、この相手こんな強かったっけっていうような激闘を、しょっちゅうやってるような気がします。それはそれで面白いんだけど、やっぱり勝って歴史に名を刻んでほしい!


さて、片手バックですが。
いまどき中高大学生で、十人に一人くらいはいるもんなんですかね。
難しいかもしれませんが、あきらめずに頑張ってほしいものです。私もバック狙われて負けまくりましたが、あるとき、バックの方が簡単じゃないかと思えるようになりました。まあ競技戦績は何もありませんし、偉そうに言えるほどではありませんが、でも偉そうに言っておくと、誰がどう考えても、
片手バックのほうがカッコいいし、やってて楽しいのは間違いありませんから。

どっちが強いのかは、わかりません。それこそガスケやワウリンカみたいなケースもありますし。ただ、「片手は腕力が必要だから、子供や女性には向かない」とか何とか言ってるのは、完全にカンチガイだと思います。

両手と比べて何がどう違うというのは、下記のサイトがうまく解説されておられました。

バックハンドは片手と両手どっちがいい?? (テニス) - deshiの日記
http://lond.hateblo.jp/entry/2015/12/12/183000

私の意見としても、
・両手のほうが(体やスイングの構造上)はやく打てるようになりやすい。
・いったんわかり始めたら、そのまま両手で練習を続けたほうが上達を感じやすい。(苦労してわざわざ片手にきりかえるほどのメリットを見出しにくい。)
につきるとおもいます。 なので、「とにかく勝ちたい」人には正直簡単にはおすすめしづらいんですけどね。


ただやっぱり、カッコよくて強ければそれが最高じゃないでしょうか。
グラフ好きなのは何度もここで書いたと思いますが、サバチーニはちょうど私が始めたころには引退していたと思います。
とても多彩でカッコいいですね。私はエナンよりはサバチーニだな。



スライスからのネットなど、パワー時代以前を感じる、非常に技術的にハイレベルな好試合です。


今の女子テニス(プロ)って、奇声上げてボールぶっ叩いてるイメージしかないんですが、、まあほとんど見たことないので完全に先入観の話ですが、、
女子は、ボール規制で飛ばなくするなどして、もっと繊細な技術や組み立てなんかで、男子とは興行的な差別化を図ったほうが面白いと思うんですけどね。とにかくあの一部の夜叉みたいな女たちはレギュレーションでなんとかしたほうがいいんじゃないだろうか。